PACKS – “Drink Rain”

「初めてこの曲を聴いたとき、私は驚愕しました。何週間も毎日、一音一音を脳に刻み込むように聴き続けました。虫と雨水についてのラブソングで、奇妙で予測不可能なキーを使用しています。シンプルな絶望感が静かに私に呼びかけていた。「この曲をギターで覚えて、あなたも歌えるようになってください」と。そこで私は、ある日の午後、一人のときに座ってこの曲を選んだのです。今では、この曲を聴くとき、必要に迫られているというよりは、純粋な喜びを感じているのです」

トロントを拠点にするシンガーソングライター Madeline Link 率いるガレージ、インディロック・バンド PACKS が、デビュー・アルバム ‘Take The Cake’ に続き、Iceageの “Drink Rain” をカバーリリースしました。

群れと暮らすための青写真
人生は動いているようなものだ
お世辞はあまり好きではないが
水は私には純粋すぎる
愛する人の近くにいるときは
雨を飲む
私は雨を飲む、すべてが残っている
雨を飲む、水たまりを粒のように
私は雨を飲む
あなたに近づくために
濡れるとホタルが喜ぶ
人生はほんの一瞬、そしてあなたは死ぬ
ある者にはその輝きの牽引者となる
汚れた雪のように醜い
愛する人の近くにいるときは
私は雨を飲む
私は雨を飲む、すべての残骸を飲む
雨を飲むんだ アイスシャンパンのように
雨を飲む
あなたに近づくために
あなたに近づくために