Ought – Room Inside The World

7

Ought – Room Inside The World

Ought – Room Inside The World

ヴォーカルの人のソロ作を挟み、レーベルも移籍して充電期間と環境変化を経ての作品。その両方の結果が少なからず影響していると思わせる仕上がりです。ソロ作のややフォーク・アプローチがあったことで、ここではこれまでのバンド音を一応追求できている。そして過去に在籍していたレベールは硬派なので、それなりの仕上がりだったが、今回は柔らかな部分も感じさせる。それは単に作品を重ねた結果なのかもしれないが、とてもスムーズで入り易い。ただ反面、過去の作品のような突き刺す感じは少なくてインパクトには欠け、最後まで引っ掛かるところが無く終わってしまう。相変わらず好きな音ではあるし、音の作りは進化していると思うけどこんなもんじゃないバンドだと思う。

more detail