Monnone Alone – “Pepper Jar”

短くて、ほろ苦くて、炭素鋼のポップフックで縫い合わされた “Pepper Jar” は、Monnone Aloneのニューシングルです。リリースを控えるニューアルバム ‘Stay Foggy’ の第3弾となるこの曲は、 Mark Monnone(マーク・モンノー)のエコノ・パワーポップ作品のひとつで、2020年にメルボルンが封鎖された際に自宅で作曲・録音されたものです。

リチャード・ブローティガンの詩とピート・タウンシェンドの古いデモからインスピレーションを得て、モンノーは仕事に取り掛かり、突拍子もない言葉を並べたり、ジングル・ジャングルスや子供のパーカッションをどれだけカセット8トラック・マシンに詰め込めるかを試したりした。

この曲のサビでは、何ヶ月も停滞していたコビドリンボーの向こう側に待っているものへの願い事を示唆しており、アウトロでは、すべての新しい可能性に手を広げているようにも見えます。

created by Rinker
¥250 (2022/01/24 15:52:54時点 Amazon調べ-詳細)