Mirabelle – “Good Sad Story”

Laurence Hélieのプロジェクトである Mirabelleは、新曲 “Good Sad Story” をリリースしました。

昨年の冬、ケベック州の人々が閉じ込められたような状態になったとき、ミラベルは自分の気分を良くしようと、ギターを持って落ち着いていた。プレスリリースによると、「すべてがうまくいっているときに曲を書くことが多い」という彼女は、都会では息が詰まるような印象を受けたそうです。彼女は自分の子供時代や、育った田舎のことを考え始めた。これらの記憶は、彼女を慰めると同時に、懐かしさも感じさせます。

結局、ここに来なければよかった
故郷が恋しい
私の心は残ったまま、私の体は去っていった
私はまだ池のほとりにいる
一番好きだと言ったのは嘘だ
都市の夜
輪郭を知っている
森の中のすべての木の

これが「Good Sad Story」の感覚です。ソフトで親しみやすいこの曲は、アーティストの声とギターに導かれています。この曲は、Mirabelleが培ってきたインディー・ポップの流れを受け継いでいます。

created by Rinker
¥250 (2021/10/25 02:52:26時点 Amazon調べ-詳細)