Midnight Machine – “Dizzy Like This”

ドライブでもパーティーでも、Midnight Machineは、ファジーなラジオチャンネルのようなノスタルジックな感覚を与えてくれるでしょう–あの時、二度と見つけられなかった素晴らしい曲を聴いたのですから。

Midnight Machineは、Hanne Kolstø(ハンネ・コルスト)と Sigurd Thomassen(シグルド・トマセン)の2人組です。二人ともメロディのセンスが高く、曲作りに貢献しています。Kolstøは彼女のユニークな歌詞の世界を、Thomassenは彼のユニークなサウンドを提供しています。すべてが多幸感にあふれ、即効性のあるサウンドです。この2人は、ここ数年、北欧で生まれた最もエキサイティングな新しいペアの1つです。

2019年にさかのぼり、コルストはトマッセンを自分の新曲の制作に採用した。しかし、Thomassenのスタジオでの最初のミーティングは、ジャムセッションとアイデアの交換に変わり、その結果、その場で3つの新曲が完成しました。そして、Tobias Ørnes Andersen(Aiming for Enrike)がドラムに起用され、Midnight Machineが誕生した。

ハンネ・コルストは、9枚のスタジオ・アルバム(2009年~2019年)を発表しているノルウェーのインディー・シーンの伝説的存在であり、ノルウェーで最も独創的なソングライターの一人として評価されています。彼女はシュペルマン賞に4回ノミネートされ、国際的に評価の高いアルバムを複数リリースしています。シグルド・トマセンは、オスロのアンダーグラウンド音楽シーンのスターであり、PitchforkやMojoなどで賞賛されている革新的なグループ Pow Powのメンバーとして長年活躍しています。数々のラジオヒットやフェスティバルでの演奏により、リミキサーやプロデューサーとして注目を集めている。

created by Rinker
¥400 (2021/10/20 13:51:26時点 Amazon調べ-詳細)