Martian Subculture – “Thin Lines”

Martian Subcultureは、Evan O’Malleyのレコーディングプロジェクトです。マルチ・エフェクターやローファイ・マイク、カセット・プレーヤーをいじっているうちに、奇妙な音を見つけたが、同時に曲も見つけた。グルーヴィーなメロディーを持つサイケ・ポップ。22TWENTYから新曲 “Thin Lines” がリリースされたとこです。

限られた時間の中で細々と生きている。
感じないと、見えない?
信号機を待つ、色分けされたパラダイス。
誰もが透けて見え、少しだけ青く染まっている。
感じますか?悲しいと感じますか?
そんなに悪いことなのかな?

1日1ドルで道を照らす。
誰もいないけど、誰にもわからない。

リアルライフの風を感じて
自分の時間があることに気づく。
Day to day.
Face to Face.
誰もが自分の場所を持っている。
誰もが自分の飛行機を持っている

created by Rinker
¥250 (2021/12/05 12:43:20時点 Amazon調べ-詳細)