Leith Ross – ‘I’d Have to Think About It’

Leith Rossは、オンタリオ州オタワの郊外で生まれ育ったシンガーソングライター、パフォーミングアーティストです。Leith Rossは、自分のルーツであるケルト音楽と、潜在的にはHighschool Musicalシリーズから得たインスピレーションの頂点に立ち、独自の音楽スタイルを生み出す器となりました。若い頃、ソングライティングは、自分のアイデンティティと生きた経験を処理するための最も信頼できる方法となりました。袖の上の心臓の鼓動を比喩するように、ロスの音楽は生々しく、傷つきやすく、しばしば深いカタルシスを感じさせてくれます。Leith RossのデビューEP ‘Motherwell’ 以来となる新曲 ‘I’d Have to Think About It’ が、Birthday Cakeからリリースされました。この曲について彼女は言います。

「これは、好むと好まざるとにかかわらず、常に何らかの形であなたを支配しているあの人のことです。」