Indigo De Souza – “Real Pain”

Indigo De Souzaのセカンド・アルバム ‘Any Shape You Take‘ から “Kill Me” と “Hold U” の2曲に続いて、De Souzaはもう1曲、”Real Pain” を発表しました。この曲は、このアルバムのきらびやかで分裂した中心的な曲で、最初はさわやかでドライビングな感じで始まり、泥臭くて不快なものに変わり、また反対側へ戻り振り切っています。De Souzaは、この曲とその制作過程について次のように語っています。

「”Real Pain” は、悲しみや喪失に直面し、その空間の中で自分自身を慈しむことをテーマにしています。感情の全領域を経験することを恐れず、それが自分を教え、変えてくれることを歓迎することを学ぶ曲です。この曲のある部分では、匿名で「叫び声、怒鳴り声、その他何でも」のボイスメモを送ってくれる人を募集しました。その声を重ねることで、ある種の集合的な体験を表現しました。彼らの声と私の声を重ねることで、信じられないようなカタルシスを感じました。私たちは別々の人生を歩んでいますが、毎日、膨大な量の痛みや愛や恐怖を体で感じているという点ではつながっています。一人の人間として生きていくのは大変なことです。時にはそれを認めてもいいのです。物事を十分に感じて、他の人にも同じことをするスペースを与えてもいいのです」

痛みが現実になったとき、あなたは逃げられない
隠すことはできても、元には戻らない
そして愛は消えても消えない
私はまだあなたを知っている、私はまだあなたを知っている
愛が本物であるとき、あなたは座ることができません
あなたはカバーすることができますが、決して辞めないでください
続けることができる、あなたのように
私はまだあなたを感じる、私はまだあなたを感じる

自分がしてきたことを信じられない
今までの体重が信じられないほどの
行く
行く
行く
行く

蹴りたい、叫びたい、私のせいじゃないと知りたい
蹴りたい、叫びたい、自分のせいじゃないと知りたい。
蹴りたい、叫びたい、私のせいじゃないって知りたいの
蹴りたい 叫びたい 私のせいじゃないって 知りたいの

created by Rinker
¥250 (2021/10/20 12:27:31時点 Amazon調べ-詳細)