Dougie Poole – “Cancun Christmas Morning”

“Cancun Christmas Morning” では、Dougie Pooleが、クリスマスソングとテキーラを飲むバラードという、カントリーミュージックの2つの伝統を融合させています。この曲は、クリスマス・パーティーの翌朝の話で、プレゼントが開けられ、ボトルが空けられ、友人たちがみんな家に帰ってしまった後のことです。クリスマスが再びやってくるまでの長い1年を物語っています。

ストリはブライトン・ビーチの深夜のローカル・ライブをキャッチした。
そしてサワーマッシュは、テネシー州リンチバーグへと帰っていった。
クリスマスパーティーは終わり
友達はみんな家に帰っていく
でも、みんながいなくなるまで、僕は夜とは言わないよ

テキーラ、私の古い友人
寂しさが拭えないわ
これが私の最後のナビダッドになるだろう
私たちの最後のお祭り
そして、少年よ、それはどう見える?
ここブルックリンではカンクンのクリスマスの朝を迎えている

ディナーの後にフェルネットが出てきた
ブラッディーマリーは今朝飲んだばかり
キャプテン・モルガンはまだどこかにいるけど、もうあまり話したことはないな
だからソルト&ライムを俺にくれ
今日は静かにしていよう
ヤドリギの下でホセ・クエルボにキスをするだけ

テキーラ、私の古い友人
寂しさは拭えないけど
これが私の最後のナビダッドになるだろう
私たちの最後の楽しみ
そして、少年よ、それはどう見えるのか
ここブルックリンはカンクンのクリスマスの朝だ
ここブルックリンではカンクンのクリスマスの朝がやってくる

created by Rinker
¥250 (2021/11/28 03:57:06時点 Amazon調べ-詳細)