John Bence – “Love”

ブリストルを拠点にするネオクラシカル、ダーク・アンビエント・アーティストで、Nicholas Jaar の Other People や Yves Tumor の Grooming などからリリースしてきた John Bence が、Thrill Jockey Records からリリースする新作アルバム ‘Love‘ からタイトル曲 “Love” をシングルカット。

Near The Parenthesis – “Second”

サンフランシスコを拠点にするエレクトロニック・ミュージシャン Tim Arndt によるエレクトロニカ、アンビエント・プロジェクト Near The Parenthesis が、n5MD からリリース4年ぶりの新作アルバム ‘Intervals’ からファースト・シングル “Second” をリリース。シングルにはアルバム未収録曲もあり。ネオクラシカルとアンビエント路線エレクトロニカの中間的なサウンドに。

Bram Gielen – “Prelude from French Suite No 4 BWV 815a”

トロントを拠点にするアンビエント、ネオクラシカル・アーティスト Bram Gielen が、バッハの作品をもとに制作したシングル “Prelude from French Suite No 4 BWV 815a”, “Sinfonia from Partita No. 2 BWV 826” を Western Vinyl からリリースしました。