Aiko el grupo – Niños furbito y niñas lo que sea

パンクの精神と即応性について語るなら、AIKO EL GRUPOの新曲があることは驚きではないだろう。しかし、おそらくこのグループのこれまでの最大のヒット曲であり、抗しがたい、忘れがたいアンセムであると言っても、おそらくあなたはまだ驚かないだろう。マドリッドを拠点とするこのカルテットは、新作を発表するたびに自分たちを凌駕し、今回は高校時代のステレオタイプ(体育教師が本当に言った文章を出発点にしている)とそれに伴うフラストレーションを、怒りに満ちた抗しがたい激しいコーラスに書き込んでいるのだから。すべてのハト派と偏見に対する復讐。くだらない一日、その上、教師はあなたに無価値なものを感じさせます。そして、それだけだ。歌にあるように、カレラ・ラテラル(横に走る練習)。

しかし、それだけではない。このデジタルシングルのB面には、もうひとつサプライズがある。バルバラの母親、アラセリに捧げる歌、”La Seli” だ。彼女、彼女の趣味、彼女の愛する人(猫のミウ)、そしてスピリチュアルなマッサージなど、AIKO EL GRUPOの面々がユーモアのセンスを欠かしていないことを改めて教えてくれる。そして、そのユーモアのセンスは、このニューシングルでも十分に生かされている(少し悪い態度も否定はしない)。

Colleen Dow – “Bumbum”

Colleen Dow(コリーン・ダウ)は、コラボレーションの価値を知っている。これは、ミネアポリスのバンドの緊密な仲間意識と宇宙的な物語にちなんだものである。The Postal Serviceのような、一人でありながら一緒にいるような実験や、Now, Nowの様々な変身による電子的な憧れに触発され、彼らのソロ作品は、シロップ状のインディーパンクから、ポップとシンセが降り注ぐ星屑のような虹色の輝きへと向かって枝分かれしています。ダウの内なる批評家は、法廷に立ち続けている。

白い暖かい部屋で眠りにつきたい
シーツと君に包まれて眠ろう
街角のサイレンの音に耳を傾けながら
このままで良いのだろうかと思いながら横になっていると

あなたが同じように考えているかどうか疑問です
もし、このすべてが消え去ることを心配するなら
私が逃げるのが怖いのか?
荷物をまとめて出て行く
それとも僕だけか

created by Rinker
¥250 (2022/01/18 21:54:31時点 Amazon調べ-詳細)

NewDad – “Say It”

ゴールウェイのバンド NewDadが、10月にリリースした “Ladybird” に続き、Fair Youth RecordsからリリースされるEP ‘Banshee’ からの楽曲を発表しました。

この曲は、Julie Dawson曰く「片思いについて、誰かがあなたと一緒にいるけれど、本当はそうではない、あなたが誰かに全てを捧げているのに、相手があなたに何も返してくれない時に感じるフラストレーションを表現したもの」だそうです。「この曲の速いテンポは、誰かを好きになりたくないけど、どうしようもないときの苛立ちや苦い気持ちを話していることを考えると、私が発散しているように感じられるわ」

The Simps – “Tesla”

Eyedressと zzzaharaが The Simpsとしてデビューアルバム ‘Siblings’ 』を、Lex Recordsからリリースします。このニュースとともに、彼らはレコードのオープニング・トラック “Tesla” を公開しました。2019年の “Miss Fortunate” と2020年の “On Fye” も、新たに公開されたトラックリストに収録されます。

L.A.の2人は2018年、zzzaharaが Eyedressのライヴに参加したことがきっかけで知り合った。彼らは共通の文化的背景とローファイでエモーショナルなポストパンクへの愛で絆を深め、zzzaharaはすぐにバンドでギターを弾くようになった。

「イドリス(Eyedress)を見たとき、たくさんの励ましをもらった」と、zzzaharaはその時の経験を語る。「私の父は私を金儲けマシーンにしたかったし、母はフィリピンからの移民だから、彼女にとって、有色人種でゲイである私には、多くのことが不可能だった。」

「文字通り、Zに任せています」と、Eyedressは言います。「僕らが一緒に仕事をするとき、僕らが好きな音楽のスタイルを作っているだけで、同じものに夢中になっているから、結局は全く新しいものを作っているような気がする。フィリピン人であることを誇りに思い、このようなことができるようになりました。インディの世界で尊敬しているアーティストのほとんどは白人なんだけど、そういう人たちの中にいて、白人の友達もいないフードの中の子供たちともつながれるのはクールだと思うし、それでも同じことを感じているんだ。それは人間の感情なんだ。誰もが共感できるんだ。」

“Tesla” では、The Simpsはドリーミーで至福感に満ちたヴァースと、切迫したジリジリとしたコーラスの間を簡単に飛び越えている。

created by Rinker
¥300 (2022/01/18 22:10:45時点 Amazon調べ-詳細)

Nile Marr – How We Drift

Nile Marr(ナイル・マー)は、The Smithのギタリストで現在はソロ活動をしている Johnny Marrとその妻 Angelaの息子です。父親の音楽上のヒーローの一人である Chicの Nile Rodgersにちなんで名付けられた。マーは、最新シングル “Only Time Can Break Your Heart” を、廃工場に監禁されている間に作ったスタジオでレコーディングした。「デベロッパーに追い出される恐れがあるから、できるだけ多くの音楽を作ろうとしたんだ」とマーは説明する。”パンデミック” のおかげで、自分の人生に再び焦点を合わせ、最も重要だと感じたこと、つまり、ずっと書きたいと思っていた曲を書くことを優先することができたんだ。”Only Time Can Break Your Heart” は、The La’s, Big Star hell, even Tom Petty (cue Waynes World ‘we are not worthy’) さえもやってのけたんだ。子供の頃に初めて聴いたときに、曲を作りたいと思わせてくれたバンドたち。シャウトする必要はないし、ラウドである必要もない。好きだから歌うし、メロディが好きだからメロディになる。解放されるんだ」

SASAMI – “Say It”

SASAMI(シンガーソングライター、プロデューサー Sasami Ashworth)は、アルバム ‘Squeeze‘ からのメルヘンチックなサードシングルを公開しました。

「”Say It” は、誰かが自分とコミュニケーションをとってくれないために空回りしてしまうという、怒りのアンセムダンストラックです」とアシュワースは語っている。「この曲を聴くと、宇宙のインダストリアルなダンスクラブで、神秘的な火炎放射器を持った熱い女性が、感情的な青い炎に包まれて一人で肘をついている姿が見えるような気がするの。」

created by Rinker
¥250 (2022/01/19 10:01:17時点 Amazon調べ-詳細)

Sea Power – “Green Goddess”

Sea Power(fka British Sea Power)は、2022年の幕開けとして、次作 ‘Everything Was Forever‘ から新曲 “Green Goddess” を解禁しました。

“Green Goddess” は、昨年のシングル “Lakeland Echo”、”Folly”、”Two Fingers” に続く、Sea Powerのアルバム ‘Everything Was Forever’ からの4曲目となる。

ヴォーカルとギターの Jan Scott Wilkinsonはこの新曲について、「”Green Goddess” は(ギタリストの)Nobleと一緒に書いたんだ。彼が曲の最初のアイデアを持っていて、私はアレンジとボーカルを加えるのを手伝った。この曲は、湖水地方からニューフォレストまで、緑のものすべてについてのラブソングなんだ。私が好きなのは、静かで癒される場所だ。また、好きな色が緑である妻へのラブソングでもある。人間や人間以外のミューズについての考察。暗く複雑なことが起こっているけれど、時にはそれを忘れて、自分が幸せだと思える場所やところに行くのもいいものだ。未来は過去と対立する必要はないという希望。」

Ghostly Kisses – “Green Book”

Ghostly Kisses、デビュー・アルバムからの4枚目のシングル “Green Book” をリリース。Ghostly Kissesは、シンガーソングライターの Margaux Sauvéによるドリーミーなポップミュージックです。

かつて、あなたは “決してあなたを泣かせない” と言った。
“天使の瞳は微笑むためだけにある”
かつて君は言った “すべてうまくいく” と
“努力することが何もなくても”

そして、私はベッドの下で眠った
私は死んだふりをしていた
あなたが流す涙を見ることはできなかった
今、目を閉じるたびに
私はまだあなたの心を読もうとする

かつて君は言った “我々は死ぬ運命にある”
“最後に一人で行かせてください”
かつて君は言った “私たちは飛ぶ運命にある”
どうしたら空に行けるか教えてくれる?

それから、私はよくベッドの下で寝ました
私は死んだふりをしていた
君が流す涙を見ることはできなかった
今、目を閉じるたびに
私はまだあなたの心を読もうとする

そして、私はそこにいたかった
私はそこにいたかった
そこにいたくて
あなたのそばにいたかった
あなたのそばにいたかった
私はあなたのためにそこにいたかった
あなたのそばにいたかった