South of France – “Hallelujah Show”

デンバーのバンド、South of Franceが、”Hallelujah Show” をリリースしました。この曲は、Staycation Recordsからリリース予定の彼らのLP ‘My Spirit Animal/ My Baggage’ 収録曲です。South of Franceのフロントマン、Jeff Cormackは、2015年にファースト・シングルをドロップして以来、ディストピアなバカンス・インディー・ロックを創り続けている。”Hallelujah Show” は、完璧な外見と理想化の裏にある真実を探っている。

「私たちが艶やかに見せようとする世界で、「ありのままを呼ぼう」という雰囲気を作ることを目指している」とジェフは言う。「私たちが誰であるかということと、私たちが誰だと思っているかということです。とにかく、その方が面白いと思うんだ」

Ruth Radelet – “Twilight”

Chromaticsの元ボーカル、Ruth Radeletが、Kill Rock Starsの30周年記念カバーシリーズの一環として、Elliott Smithの “Twilight” のソロカバーを公開しました。Radeletは、8月に Adam Millerと Nat Walkerとともに Chromaticsの解散を発表して以来、初めてソロ・リリースになります。

Radeletはプレスリリースで「ポートランドで育った私は、Elliott Smithに影響を受けずにはいられなかったの。今でも彼の曲を聴くたびにホームシックな懐かしさのようなものを感じるし、彼の音楽と当時の雨天やポートランドの持つ硬質で小さな町の感覚を永遠に関連付けるよ。」とコメントしています。

Tycho, Benjamin Gibbard, Brijean – “Only Love” (with Brijean)

Tychoと Death Cab for Cutie, The Postal Serviceの Benjamin Gibbardは、シングル “Only Love” で画期的な新しいコラボレーションを行い、オースティンを拠点とするプロデューサー、DJ、ピアニスト、活動家である LP Giobbiがビートベースのハイエナジーなリミックスを提供しました。そして本日、Brijeanとのコラボレーションによる最終バージョンが提供されました。

Brijeanは、オークランド在住のデュオ、Brijean Murphyと Doug Stuartで、心、体、魂のためのダンスミュージックを作っています。彼らは2021年2月に Ghostly Internationalからデビューアルバム ‘Feelings’ をリリースしました。このアルバムは、まばゆいばかりのビートと蜂蜜のようなヴォーカルが織りなす、黄金色のドリームポップ・トロピリアです。マーフィーは熟練したパーカッショニスト(Poolside、Toro Y Moi、U.S. Girls)であると同時にビジュアル・アーティストでもあり、マルチ・インストゥルメンタリストのスチュアートはベイエリアのミュージック・シーンで長い歴史を持っています(Dougie Stu、Bells Atlas、Meernaa、Luke Temple)。70年代のディスコ、90年代のハウス、そして洗練されたポップセンスを感じさせる、独自のサウンドを生み出しています。

この新曲について、マーフィーは次のようにコメントしています。「私たち(ダグと私)は Tychoと Ben Gibbardの両方のファンで、”Only Love” を深く掘り下げるのは素晴らしいことでした。 Tychoの豊かなシンセサイザーを使ったメロディーと Brijeanと Gibbardのボーカルを組み合わせて、ハウス寄りのみずみずしい世界を作りました」 とコメントしています。

Tychoの Scott Hansen(スコット・ハンセン)はこう付け加えます。「Brijeanのアルバム ‘Feelings’ は、今年のお気に入りのひとつでした。いずれコラボレーションできると思っていたので、”Only Love” の彼らの美しいテイクを共有できてとても嬉しいです」とコメントしています。

“Only Love” は、タイコの超絶的なプロダクションと特徴的なアレンジに、ギバードのカタルシスと深いヒューマニスティックなリリシズムが緻密に融合した、両アーティストによるパワフルなアンセムとなっています。ギバードは、10年以上前にRIAAプラチナ認定を受けた The Postal Serviceでの活動以来、新たなエレクトロニック・コラボレーションを行っています。この曲は、Death Cab for Cutieがハンセンに2015年のシングル “The Ghosts of Beverly Hills” のリミックスを依頼したことがきっかけで生まれました。ハンセンはリミックスの依頼を厳選することで有名ですが、この曲の叙情的なメロディとギバードの特徴的なボーカルに完全に共感しました。

「2016年に、Death Cab for Cutieの楽曲 “The Ghosts of Beverly Drive” のリミックスを担当する機会があったとき、私はずっとベンの作品のファンでした」とハンセンは言います。「ベンの声は、制作の観点から非常に刺激的な要素で、私が惹かれる種類の音や楽器とうまく調和していると感じました。”Only Love” は、最初はインストゥルメンタルでしたが、何かが足りませんでした。そこで、ベンにラフなデモを送ったところ、彼がボーカルを録音してくれたんです。最初にラフなボーカルを聴いたときに、曲全体の意味が急にわかってきて、そこからアレンジが生まれたんです。”Weather” でボーカルを試した後だったので、今回はその時に学んだことを実践する絶好の機会だと思いました。このような象徴的な声と一緒に仕事ができたことは、とても名誉なことでした」

「2014年にナオミ・クラインの『This Changes Everything: Capitalism vs. The Climate』を読んでいるときに、モンタナのヤギ牧場主で環境保護活動家のアレクシス・ボノゴフスキーの言葉に出会い、とても感動しました」とギバードは言います。「モンタナ州南東部の公有地を鉱山会社アーチ・コールから守るための戦いについて、彼女は次のように述べています。「彼らはそれを過小評価しています。彼らはそれを過小評価し、理解せず、無視します。そしてそれこそが、最終的にこの場所を救うことになるのです。石炭会社への憎しみや怒りではなく、愛がこの場所を救うのです』

「”Only Love” の音楽をスコットが送ってくれたとき、この言葉にぴったりだと思いました。アレクシスの言葉を読んでから、私はそれを普遍的な真実として受け止めています。私たちが大切にしている人、場所、物を守る唯一の方法は、憎しみではなく愛なのです。もちろん、「言うは易し、行うは難し」ではあります。しかし、私はまるでマントラのように彼女の言葉に戻ってくるのです。」

Zeeland – “Trail”

Zeelandは、カリフォルニア州ジョシュアツリーの荒涼としたキャビンで生まれました。Rutgerと Tomは、LAの慌ただしい街からしばらく逃れることを決意し、装備を満載した古いジープで旅に出ました。

グロテスクな景色とメランコリックな00年代の曲への共通の愛に影響を受けたこのプロデューサーデュオは、ドリーミーなローファイ風のコラージュと生々しいサウンドのドラムマシンを混ぜ合わせたものを作りました。ヴォーカルにも同じようなコントラストが見られ、二人のメンバーがヴォーカルを担当しています。

created by Rinker
¥100 (2022/01/24 14:08:46時点 Amazon調べ-詳細)

amy michelle – “the bottom of the well”

アイルランド出身のシンガーソングライター、amy michelleは、閉所恐怖症の感覚をタイムリーに捉えながら、”the bottom of the well” でスタイルと中身の両方を持っていることを証明しています。

amy michelleは、90年代のメロウなインディー・ロックを、Z世代の感覚で蘇らせています。彼女はアイルランドのマリンガーで生まれ育ちましたが、すぐにその小さな町から抜け出したように感じました。

“the bottom of the well” は、エイミーが閉じ込められた場所にいることを表しています。パンデミックの直前に自作し、共同制作されたこの曲では、彼女の気持ちは、リスナーがよく知っているような孤立状態になる前のものですが、それゆえに、より大きな意味を持っています。

エイミーの場合は、「恐怖と閉塞感」からくるものだとコメントしています。私はいつも睡眠に悩まされていましたが、特に悪夢に悩まされていました。井戸の底にいくつかの光が見えても、それに到達する力がないことが、不安や不確実性、失恋の象徴になっています」と述べています。

「普段、私は歌詞に時間をかけることが多いのですが、この詩は一度に流れ出てきました」と彼女は説明しています。「カタルシスを得るためのツールとしてソングライティングに出会う前は、自分がどれだけ落ち込んでいるかを表現する最も簡単な方法は、井戸の底で立ち往生している感じだったのを覚えています。」

「私はこの比喩を、当時の自分の不安や不確実性、傷心を表す傘として使っていました。今年の初めにリッチ・クーパーに会って、トラックを作ってゴールまで持っていくのを手伝ってもらいました。」

私は緑の色が好きではありませんでした。
赤はいつも悲しい夢を見ていた
私の靴は石でいっぱいになっています。
私の歯は抜け落ちてしまいましたが、元に戻してくれますか?
近頃、私は孤独を感じています。
眠ると体が家にいるように感じられない
ヒールが床を引きずっています。
あなたのレースを私の腰に巻いてください、私のジーンズはもうフィットしません。

体も心も弱っています。
走ろうとしても、足元には地面がない
私はまた教会の中に閉じ込められている
聴きたいけど、理解できない
線路が揺れ始めるのを感じる
手は縛られているから、骨が折れるのを待とう
最後に見るのはあなた
去っていく君の名を叫ぶ
肺が真っ黒になって青くなるまで
ブルー

私は井戸の底にいます
救いたいなら言わないよ
あなたを待つために多くの時間を費やしてきました
成長した僕は今、空も泣いている

私はあなたが祈っていた森かもしれない
私はいつも灰色の日曜日になるかもしれない
私はあなたを自由にしない殺人者かもしれない
私はあなたが望む私になることができました
ああ

私は緑の色が好きではない
赤はいつも悲しい夢を見ていた
井戸の底は冷たく
家になるにはあなたが必要だと感じています

Madeline Kenney – “I’ll Get Over It”

オークランドを拠点とするシンガーソングライターの Madeline Kenneyが、新曲 “I’ll Get Over It” を公開しました。ケニーはこの曲について詳しく語っています。

「この曲では、パンデミックの最中にフルタイムのミュージシャンとして活動することへの不安をテーマにしています。そして、一歩下がってこう言わなければなりませんでした『わかった。私にとって音楽を作ることは何を意味するのか?何を優先すべきなのか?私はキャリアを追い求めているのか、それとも感情を追い求めているのか?私の人生のこの部分、アーティストとしての成長をどのように振り返りたいのか』と」

彼女は付け加えます。また、「”I’ll Get Over It” は私の地下室で作られました。この曲は、自分に飽きたり、人に飽きられたりすることをテーマにしています。それがもたらす痛みと、変化し続けることを認識することで得られる受容をテーマにしています」

いつかは乗り越えられると信じている
夏の肌で生きる
誰とでも気楽に過ごせるように
何かの啓示を求めてもう一度探してみる
人ごみの中ではいつも誰かが笑っている

奇妙な現実に目が覚めて
私はそれが私にしたことが嫌いだった
理解を失った典型
澄んだ気持ちで叫んでいたのに
具体的な答えがないまま…
ただの夢

いつか君は僕を忘れるだろう
景色を変えたくなったり
理由もなく気が変わることもあるだろう
私が理解できなくなった時のために
私はただここで叫んでいた
具体的な答えがないまま…
夢の中で

created by Rinker
¥250 (2022/01/24 14:08:46時点 Amazon調べ-詳細)

Bronswick – “Myosotis”

官能的でキャッチーな BRONSWICKは、妖艶なエレクトロ・ソングと現実的なサウンド・フィクションのミックスで、どちらもパステル・アンスラサイトを基調としています。女性的な声で二律背反的な詩を書くカトリーヌ・クーと、ダホ・スタイルのくぐもったボーカルを持つ強力なメロディスト・マシーンであるベルトラン・プイエが、ニューウェーブのアーバン・エレクトロとシンセ・ポップの間で、時代を超えたポップスを生み出しています。

私は毎秒を呪う
私は毎晩呪っている
あなたは私の世界からいなくなった
信じること

今まで築いてきたものが
平地で崩れていく
あなたの心が逃げてしまった場所
私たちの物語はもはや私のものではない

私は毎秒を呪う
私は毎晩呪っている
あなたは私の世界からいなくなった
信じること

あなたの体のお別れの時に
血が通っているのを感じる
凍りつくような寒さ
私の痛みを隠すものは何もない

寄り道せずに行こう
今回は、遅くなりましたが
リターンが気に入らない
あなたが好きではない/出発

毎秒あなたを呪う
私は毎晩呪っている
あなたは私の世界からいなくなった
信じること

私がいつも生きていること
信じることなく
同じ悲しみを
プレゼントの受け取り拒否
酸素としての未来

私は毎秒を呪う
私は毎晩呪っている
あなたは私の世界からいなくなった
信じること

私たちが小さすぎること
翼を持つために
空はあまりにも大きい
その呼びかけを拒むために

Ada Aik – “Flavors”

実験的なポップスの新人である Ada Aik(エイダ・アイク)は、英語で歌い、ファンタジーとリアリズムの境界を押し広げます。秋の島人は、厳しい状況の中でデビューシングルをリリースする。

「年に一度、コテージに行って音楽を作る。おばあちゃんと一緒にいて、作曲しています。ママと一緒におばあちゃんのいるコテージに行って、暗くて寒い中、秋を感じさせる曲になっています。この街に戻ってくると、私の心は曲を作った同じ場所に向かいます。前回レコードを作ったときは、イケアのバッグにハードディスクとサウンドカードを入れていたのですが、帰り道にすべてが海に落ちそうになっていました」とエイダ・エイクは言う。

事故は回避され、Ada Aikのデビューシングル “Flavors” が発売されることになりました。この曲は、ポジティブな羨望の念に煽られて、ステージに立ちたいと思っていることを物語っています。「インスピレーションにしたがって、自分が話していたことを実現しようと決めた人がいるのは素晴らしいことです。矛盾は、自分がステージ上の人物であることを望むときに生じるもので、なぜ自分が同じことをしなかったのかと考えてしまうのです」

美しく、そしてほとんど魔法のように不穏なこの曲の世界は、シナリフを中心に構築されており、曲が進むにつれて、抗しがたいベースラインになっていきます。イントロの亡霊が最後の部分に漂っています。「この曲は、音楽がどんどん大きくなっていく部屋で始まり、登場人物は外に出たいと強く感じます。

ヘルシンキ出身のエイダ・アイクは、人間的でありながら機械のような深遠な響きを持つ電子音楽を制作しています。エイダ・アイクは、物語性と視覚性を組み合わせた、妥協のない実験的なアートを制作しています。現在、2022年にリリース予定のデビューアルバムを制作中です。

Sara Noelle – ‘Like Snow (Slowly Falling)’

秋から冬へと移り変わる時期に、Sara Noelleは新しいオリジナル・ホリデー・シングル ‘Like Snow (Slowly Falling)’ を発表しました。

Dan Duszynskiがプロデュースしたこのシングルには、クリスマスの定番曲である「Carol of the Bells」がアレンジされており、お馴染みの陽気さに加えて、少し憂いを帯びた雰囲気を醸し出しています。