Best Album of 2014

Best Album of 2014

Los Angeles

20. Los Angeles Police Department – Los Angeles Police Department (Forged Artifacts)

カセット・レーベルが初めてヴァイナル・リリースを決断した作品であるのがよく分かる。いい音楽、いいバンドとの出会いは地道な活動が物を言うのですね。

Skygreen Leopards

19. The Skygreen Leopards – Family Crimes (Woodsist)

ここのレーベルから出るかと、ちょっと予測していなかったがこれは結果大成功。彼等自身も心境に変化があったかもしれないが、久々に帰ってきたと思ったらふっ切れてかなりポップス。

The Gotobeds

18. The Gotobeds – Poor People Are Revolting (12XU)

今年のノーマーク組バンド中で最も熱かった。ある意味2014年だから出来上がった音楽だし、そう意味では彼等みたいのが現在のオルタナ最右翼でしょう。

King Gizzard And The Lizard Wizard

17. King Gizzard And The Lizard Wizard – I’m In Your Mind Fuzz (Castle Face)

今年もう一枚出ていますが、3部作の最後ってことでこちらを選びました。3作品全部聴くとこの作品のコンセプトが見えてくるが、そんなの関係なしにかっこいいんだよ。

Dylan Shearer

16. Dylan Shearer ‎– Garagearray (Castle Face/Empty Celler)

争奪戦の結果?今回からレーベルまたぎになりましたが、みんなが欲しがるのがとても分ります。極めてた歌作りが実に素晴らしい。この人はもっと評価されてもいいと思うけどな。

Wand

15. Wand – Ganglion Reef (God?)

Ty Segall門下生的存在ですが、その位置からすぐに卒業を果たしそうなくらいデビュー作にて高い完成度。来年早々に別レーベルから新作が待っているっていう事実が全てを物語っている。

Woods

14. Woods – With Light And With Love (Woodsist)

ちょっと時間を空けて、メンバーも若干シャッフルして、今のWoodsを真正面から出したような作品。今後もゆっくりやってくれたらいんじゃないかな。

Laura Jean

13. Laura Jean – Laura Jean (Chapter Music)

彼女に限らず女性でフォークっぽいシンガー・ソングライターは世界中から現れてきてますが、女性の武器だけじゃない才能を感じさせてくれるシンガーのひとりです。

Big Ups

12. Big Ups – Eighteen Hours Of Static (Dead Labour/Tough Love)

こらは10年周期に確実に乗ったバンド。10年前の人達もまだまだ現役で活動してるけど、やっぱり若くないと出せない音がある。これもアメリカン・インディ/オルタナの美しく現在形。

King Tuff

11. King Tuff – Black Moon Spell (Sub Pop)

この人は先行イメージが強すぎて善くも悪くも損してる。アルバム全14曲、結構色々とやってるんで、ひとつの曲で印象を決めてもらっては困ります。