amy michelle – “the bottom of the well”

アイルランド出身のシンガーソングライター、amy michelleは、閉所恐怖症の感覚をタイムリーに捉えながら、”the bottom of the well” でスタイルと中身の両方を持っていることを証明しています。

amy michelleは、90年代のメロウなインディー・ロックを、Z世代の感覚で蘇らせています。彼女はアイルランドのマリンガーで生まれ育ちましたが、すぐにその小さな町から抜け出したように感じました。

“the bottom of the well” は、エイミーが閉じ込められた場所にいることを表しています。パンデミックの直前に自作し、共同制作されたこの曲では、彼女の気持ちは、リスナーがよく知っているような孤立状態になる前のものですが、それゆえに、より大きな意味を持っています。

エイミーの場合は、「恐怖と閉塞感」からくるものだとコメントしています。私はいつも睡眠に悩まされていましたが、特に悪夢に悩まされていました。井戸の底にいくつかの光が見えても、それに到達する力がないことが、不安や不確実性、失恋の象徴になっています」と述べています。

「普段、私は歌詞に時間をかけることが多いのですが、この詩は一度に流れ出てきました」と彼女は説明しています。「カタルシスを得るためのツールとしてソングライティングに出会う前は、自分がどれだけ落ち込んでいるかを表現する最も簡単な方法は、井戸の底で立ち往生している感じだったのを覚えています。」

「私はこの比喩を、当時の自分の不安や不確実性、傷心を表す傘として使っていました。今年の初めにリッチ・クーパーに会って、トラックを作ってゴールまで持っていくのを手伝ってもらいました。」

私は緑の色が好きではありませんでした。
赤はいつも悲しい夢を見ていた
私の靴は石でいっぱいになっています。
私の歯は抜け落ちてしまいましたが、元に戻してくれますか?
近頃、私は孤独を感じています。
眠ると体が家にいるように感じられない
ヒールが床を引きずっています。
あなたのレースを私の腰に巻いてください、私のジーンズはもうフィットしません。

体も心も弱っています。
走ろうとしても、足元には地面がない
私はまた教会の中に閉じ込められている
聴きたいけど、理解できない
線路が揺れ始めるのを感じる
手は縛られているから、骨が折れるのを待とう
最後に見るのはあなた
去っていく君の名を叫ぶ
肺が真っ黒になって青くなるまで
ブルー

私は井戸の底にいます
救いたいなら言わないよ
あなたを待つために多くの時間を費やしてきました
成長した僕は今、空も泣いている

私はあなたが祈っていた森かもしれない
私はいつも灰色の日曜日になるかもしれない
私はあなたを自由にしない殺人者かもしれない
私はあなたが望む私になることができました
ああ

私は緑の色が好きではない
赤はいつも悲しい夢を見ていた
井戸の底は冷たく
家になるにはあなたが必要だと感じています

created by Rinker
¥250 (2021/11/28 08:01:44時点 Amazon調べ-詳細)