The Ophelias – Crocus

ARTIST : The Ophelias
TITLE : Crocus
LABEL : Joyful Noise Recordings
RELEASE : 9/24/2021
GENRE : indiefolk, chamber,indierock
LOCATION : Cincinnati, Ohio

TRACKLISTING :
1.Crocus
2.Sacrificial Lamb
3.Neil Young on High (feat. Julien Baker)
4.Vapor
5.Spirit Sent
6.Biblical Names
7.Mastermind
8.Becoming a Nun
9.Spitting Image
10.Under Again
11.The Twilight Zone
12.Vices

商品カテゴリー: 商品タグ: , , , , ,

絶賛された2018年の ‘Almost’ が、The Opheliasを彼らのシンシナティの家を超えた世界に開いた後、このインディー・ロック・カルテットは、コミュニティの感覚に戻ることを切望した。ボーカル/ギターの Spencer Peppet(スペンサー・ペペット)は、「出来事や感情のタイムカプセルであり、大学の初期に書かれた曲が、ニューヨーク・タイムズのような媒体でレビューされるのは非現実的でした」と振り返る。バンドのメンバーは、ペペットと、新しいベーシストであり、ミュージックビデオにも出演している Jo Shaffer(ジョー・シェイファー)はニューヨークに住み、ドラマーの Mic Adams(マイク・アダムス)とバイオリニストの Andrea Gutmann Fuentes(アンドレア・グートマン・フエンテス)はオハイオに残っていましたが、同じ都市には住んでいませんでした。その後、メンバーが全員大学を卒業し、シェイファーが新たにベーシストとして加わり、アダムスがトランスジェンダーであることをカミングアウトしてHRTを開始するなど、「ほぼ」からの時間の中でかなりの変化がありました。そのため、率直で広大な ‘Crocus’ のレコーディングの際には、The Opheliasは、最初のレコードに燃料を供給した実験的で共同体的な精神に意図的に焦点を当てました。聖書とトワイライトゾーンを同じように引用した曲を通して、The Opheliasは自分たちの過去、現在、未来の間の空間から神秘的な感情を引き出しています。

‘Crocus’ は、’Almost’ の複雑さをそのままに、バンドが経験した成長と変化によって強化された新たな自信を享受しています。「自分の親密な部分を世界と共有していることを知って、漠然としたイメージに頼るのではなく、自分が言いたいことを正確に伝えたいと思うようになりました」とペペットは語ります。アルバムのハイライトである “Neil Young on High” では、ペペットのホタルのようなボーカルに Julien Baker(ジュリアン・ベイカー)のハーモニーが加わり、その素直さが光ります。ペペットは、”I regret never celebrating/ Smaller victories that we saved/ I would do that part over” と歌い、嘆くことと思い出すことの間の曖昧な境界線を詳しく説明しています。

The Ophelias は、ストリングス、ホルン、管楽器、シンセを加えたフルアレンジで、歌詞の明快さとは対照的に、ただでさえ堅牢な楽曲を作り上げています。しかし、ほとんどすべてのサウンドツールを駆使した “The Twilight Zone” でも、親密さとコミュニティが存在します。バンドは、クラシックの訓練を受けたバスーン奏者から、小学校時代からの友人(さらには友人の親)まで、多くの才能あるミュージシャンに声をかけて、このアルバムの完成度を高めました。「私たちは幸運にも、地元にたくさんの素晴らしい友人たちに囲まれています。彼らの音楽的な感性は本当に信頼できますし、私たちの音楽のスタイルをよく理解してくれています」とグートマン・フェンテスは言います。「この曲に彼らを招待して、彼らに任せてみるのはとてもエキサイティングなことでした。」このアルバムは、The Opheliasの4人のメンバーが中心となり、彼らのコミュニティの助けを借りて、外に向かって開花しています。

様々な影響を受けて、The Opheliasは堅苦しいインディー・ポップの領域からさらに前進しました。「集団として、私たちは多くの音楽的領域をカバーしています。私たち4人の間でも、それぞれが独自の感性を持っていて、お互いを引き立て合っています」とアダムスは言います。「’Crocus’ に収録されている曲は、私たち全員にとって意味のあるものであり、それぞれの曲に自分自身の要素やスタイルの傾向を取り入れています。例えば、アンドレアは60年代のフォークバンドのフィドルパートを思い出すかもしれないし、スペンサーはリズ・フェアーを表現しているかもしれません」。

バンドは、「2000パーセント幽霊が出る」と言われているマソニック・ロッジを改造した部屋で夜にレコーディングを行いました。このことが、アルバムの緊張感のある曲構成の中にダークなトーンを織り込む能力に影響を与えています。エンジニアのジョン・ホフマンはThe Lodge KYの精神を高く保ち、The Opheliasが痛みと再生の間のグレーゾーンで自由に実験できるようにしました。The Lodgeの不気味さにもかかわらず、幽霊は個人的なものであり、Peppetは瞬きすることなく自分自身と真実に向き合っています。冒頭のタイトル曲では、過去の愛が自分と同じように痛む現在を想像すると同時に、後悔のない未来を願って、その針を巧みに通しています。グートマン・フエンテスのバイオリンは、曲の波と山を映し出し、重層的で精密なアレンジで歌詞を強調しています。

The Opheliasの成長は著しく、多くのことが変化し、再構築されたため、The Opheliasは自分たちを世界に再登場させようとしているように感じます。「’Crocus’は、夢と現実、内面の反映と外面的な行動の間の流動的な状態を表しています。」とパペットは言います。「私はこのことを胸の内ですべて吐き出さなければなりませんでしたが、そのようなことをするのはとても傷つきやすいことです。でも、このような強いコミュニティ意識、信頼、配慮、愛のあるバンドにいると、そのプロセスがずっと楽になります。」

created by Rinker
¥1,600 (2021/10/18 15:41:39時点 Amazon調べ-詳細)