Station 17 – Live at Uebel & Gefährlich

ARTIST : Station 17
TITLE : Live at Uebel & Gefährlich
LABEL : Bureau B
RELEASE : 6/18/2021
GENRE : elecrtronca, experimental, kraut
LOCATION : Hamburg, Germany

TRACKLISTING :
1.Lila Pause
2.St. Pauli der hat heut Geburtstag
3.Bademeister
4.Station 17, Andreas Dorau – Eine halbe Portion Glück
5.Cola Lite
6.Technomuseum 2
7.Boogie Boogie Baka II
8.Porto Pronto
9.Station 17, Michael Rother – Boogie Boogie Baka
10.Zuckermelone
11.Station 17, Andreas Spechtl – Dinge
12.Uh-Uh-Uh
13.Jabuluu
14.Kairo
15.Station 17, Strizi Streuner – Alles für Alle
16.Station 17, Fettes Brot – Ohne Regen kein Regenbogen
17.Wir wolln zusammen sein

商品カテゴリー: 商品タグ: , , , , ,

ハンブルグのエレクトロニカ、エキスペリメンタル・ロック・グループ ‘Live at Uebel & Gefährlich’ を Bureau B からリリース。

ライブアルバムの価値がサウンド、選曲、ムードによって十分に評価されるのであれば、フォーマットからの脱却は、1984年に TALKING HEADS が ‘Stop Making Sense’ というコンサートレコーディングで印象的に示したように、それにもかかわらず、インセンティブを提供することができます。一方、不平等なブレイクとは、ザンクトパウリの Uebel & Gefährlich で行われた STATION 17 のバースデー・ガラのオーディオ・ドキュメンテーションです。かつてデヴィッド・バーンを中心としたニューヨーカーたちが、コメディと偉大なシアトリカルさを備えた演劇に頼っていたのに対し、ハンブルクの実験的集団は、バンドの記念日という機会に縁取られた、合計30年のバンドの歴史のうち、最後の20年の横断面を示すレヴューを上演しています。2019年2月1日にリリースされたこの作品は、最初のレコーディングがその日からちょうど30年前に行われたもので、ベスト盤または「ワーク・ショー」と呼ばれ、「Outlook」というプログラム・タイトルを持つ当時の新譜となっています。

創業メンバーのAndreas Lehrkeによる反復的なCola-Lite(”Scheibe”、1997年)から、リクライニングしたヨット・ロックのオープニングLila Pause(”Hitparade”、2001年)を経て、Andreas Dorauによる現在のヒット曲Halbe Portion Glück(”Ausblick”、2019年)に至るまで、ステージ上のゲストリストは、卒業生(上記のPariya Massoumi、Birgit Hohnen、Karl-Heinz Hille)と著名人で構成されています。その中には、前述の耳障りな曲を生み出したDorau、ラップトラックOhne Regen kein Regenbogenを持つFETTES BROT、スローガン・アンセムAlles für Alleを歌うFRITTENBUDEのStrizi Streuner、レーベルメイトのJA、PANIKのAndreas Spechtl、長年のコラボレーターであるMichael Rotherなど、著名人やバンドの宇宙の中で繰り返し登場する人物が含まれています。Michael Rotherは、STATION 17のセルフタイトルのファーストアルバム以来、いわばコンスタントに同行しており、自身のフォーメーションであるNEU!やHARMONIAの存在をも凌駕しています。

このように、過去、現在、未来は、ディスコ、AMポップ、エレクトロニカ、テクノ、ポストパンク、そして何よりもクラウトロックの折衷的な範囲で、再編成された解釈や準プロビゼーション的なジャムによって表現され、考え抜かれています。最高かつ複数の意味で、STATION 17というアイデアの良さは、メディアや大学でその言葉が広まるずっと前に、いわゆる包容力を実践していた前衛的なものと言えるでしょう。30年後、10枚のスタジオ・アルバムをリリースしたこのアンサンブルは、Bureau BのHanseatic neighborインプリントからリリースされたこの特別な作品で、その幅広い作品とライブでの実現を示しています。

このマルチトラック・レコーディングのミックスは、聴きやすさのためにオーバーダブなしで行われており、聴衆との対話を特徴とするパフォーマンスの雰囲気をそのまま伝えています。これにより、冒頭で述べた米国の音楽グループとの選択的な親和性という括りが再び閉じられます。この点で、本作のスローガンは、基本的には「Start Making Sense – Here’s to the use of」とすべきでしょう。Start Making Sense – あと30年、よろしくお願いします。

created by Rinker
¥1,600 (2021/06/23 02:37:56時点 Amazon調べ-詳細)