Sean Henry – HEAD

ARTIST : Sean Henry
TITLE : HEAD
LABEL :
RELEASE : 8/30/2024
GENRE : , ,
LOCATION : New York

TRACKLISTING :
1.Woke Up Strange
2.Everything Breathes
3.Jamproof
4.Room in the Hall
5.Burn It Out
6.Girl on a Roof
7.What U Have
8.Pain Song
9.Cut & Run
10.In Heaven

商品カテゴリー: 商品タグ: , , , ,

『HEAD』は、ダウンタウンの一匹狼やホームタウンの迷子のためのスラック・ロック・アンセムのアルバム。

このアーティストは、様々なプロジェクト名でホーム・レコーディングをリリースして育ちました。彼はSean Henryという名で、町の新聞に死亡記事を掲載。たった20ドルで。

その後、Henryはニューヨークへ移り、大学を中退し、のソファーに座りました。1週間ほどすると、レーベルは彼に寝室を与え、レコードをすべて郵送すれば家賃200ドルという奇妙な金銭的取り決めをしました。

彼が自身のファースト・アルバムを発送するまでに、そう時間はかからなかった。粘着性のあるポップ・フックとローファイなプロダクションが特徴の『It’s All About Me』は、Sean Henryをニューヨークのアンダーグラウンドの柱として確立。

マートル・ブロードウェイのパンク・ハウスに引っ越したことで、彼はさらにニューヨークの音楽シーンにのめり込んでいった。彼らは毎晩ショーを主催していました。「ブルックリンのすべてのバンドを少なくとも3回は見ました。「夜中の2時まで音楽が止むことはありませんでした」。

『Fink』のリリースで、ソングライターはよりダークな領域に突入。彼にとって初のスタジオ・アルバムであり、プロデューサーのBrian Antonucci(ブライアン・アントヌッチ)との初のコラボレーション。ふたりはカトリックの学校で出会い、Sean Henryが体育の授業でDead Kennedysのシャツを着たことで意気投合。

リリース後、Sean Henryはコネチカット州に移住。「ニューヨークは僕と別れたんだ」。それからの数年間は、ニューヨークとシンガーの故郷の間で押し合いへし合い。別のレコードを作るためにコネチカット州に引きこもる前に、彼は「ニューヨークがいつも提供する一般的な打ちのめし」に服従。Sean Henryの前作『A Jump from the High Dive』は、彼の特徴であるソフト・グランジ・サウンドに傾倒し、スローコアや90年代オルタナティヴ・ロックのエコーが感じられる作品。

『HEAD』はその流れを汲む作品。このアルバムの特徴は、テープが歪んだアコースティックとオーバードライブしたエレクトリック。Sean Henryは、歪んだサンプルと飽和状態のトリップホップ・ドラムを大胆な音のコラージュに織り込んでいる。時にグルーヴィーに、時にメロディックに。時にハスキーに、時に吠えるように。実存的な耳の虫のアルバム。

作曲とレコーディングのプロセスは、すべてを飲み込むようなものでした。とSean Henry。その執念は2年以上続きました。彼は、一連の臨死体験と、それが引き金となった下降スパイラルから、明確なインスピレーションを得て出発しました。

ある日の深夜、故郷の風の強い道を車で走っていたとき、彼は鹿をはねました。傷ついた鹿は足を引きずりながら森の中へ。車の損傷は最小限。彼は難を逃れました。しかしその数日後の夜、彼は高速道路でハンドルを失い、ガードレールに激突。

車は大破。「あのときは本当に暗闇に襲われました。あの車は私の逃げ場でした。身動きが取れず、完全に孤独でした」。このソングライターの死との遭遇は、彼の孤独をさらに深める神経症と不安の連鎖を引き起こした。「自分なんて存在するのだろうか、と」。

このような感情を背景に、Sean HenryはHEADを書き始めました。狂気への転落を記録したレコードを作るつもりだったのです。彼が完成させたアルバムは、それとは異なる物語。『HEAD』は、たとえ不幸が枠の外に潜んでいたとしても、希望に満ちているのです。

トラック1は夢の中で目覚め、最初の1行で、私たちはすでに体から抜け出し、アルバム・ジャケットの人物のように天井に向かって舞い上がっています。続くトラックは幅広い。”Jamproof “は、ピアノが鳴り響き、ビニールがパチパチと音を立てるベース主体のグルーヴ。アルバムの最後を飾るのは、デヴィッド・リンチの『イレイザーヘッド』でラジエーターの中の小さな女性が歌うことで有名な不気味なバラード「In Heaven」のカヴァー。映画同様、このレコードも暗い世界を楽観的な輝きで表現。

このアルバムで最も印象的なセリフのひとつは、「Jamproof」のリフレイン「Nothing’s gonna get me down」で、少し不穏なささやき声で歌われています。4年ぶりのシングル・リリース前夜、Sean Henryのニューヨークのアパートが全焼。彼の執念に感謝。