Phil Smith – Tagebuch

ARTIST : Phil Smith
TITLE : Tagebuch
LABEL :
RELEASE : 8/2/2024
GENRE : , ,
LOCATION : Brighton, UK

TRACKLISTING :
1.Januaries (Am Anfang)
2.To the Train
3.At Least We Got to Sit on the Ground (Parts 1 & 2)
4.Made / Found (For C)
5.Imperfect / Conditional
6.Januaries (Am Fenster)
7.She Translates
8.Abwaschen
9.Improvisation on Our City (For Lyra)
10.Brücke
11.Stoopy
12.Prelude for the Hinterhof (To LG)

ピアニスト、詩人、ラジオ・プロデューサーのPhil Smithのデビュー・アルバムをお届けします。BBCの特集番組やカルト的なジャズ番組「-Disjunction NTS」から離れ、彼は日記的で、ハートフルで、家庭的な「ᵡ」を提供します。

『』は、2013年から2017年にかけてPhilがベルリンに住んでいた時期の音楽日記集。甘くたゆたうピアノを起点に、Philはストーリーテリングの才能を発揮し、ボイス、フォーク・ジャズ・アレンジ、ミュジーク・コンクレート、そして時折テクノ・シンセを駆使して、シーンからシーンへと移り変わります。

『』の裏封筒的な魅力に惑わされることなく、これは巧みに作られた言葉のないラジオ伝記映画。マルチ・インストゥルメンタリストのザック・グヴィを筆頭に、才能あるゲストや友人たちが、この深く個人的な原作に控えめな重みと感情的な強さを加えています。

John Carroll Kirby、Penguin Cafe Orchestra、Alabaster DePlumeがお好きな方にお勧め。