Palette Knife – Ponderosa Snake House and the Chamber Of Bullshit

ARTIST : Palette Knife
TITLE : Ponderosa Snake House and the Chamber Of Bullshit
LABEL : Take This To Heart Records
RELEASE : 5/28/2021
GENRE : emo, indierock, mathrock
LOCATION : Columbus, Ohio

TRACKLISTING :
1.Ponderosa Snake House
2.Kidz In Wigz
3.Studio Ghibli Reference
4.The Only Difference Between Smough and Ornstein Is Press Coverage
5.Colorblind Sunglasses
6.Sorryisnore
7.Hungover Brunch At Tiffany’s
8.Codename: Fireball
9.TFW Vine Is Dead and So Are We
10.Candy Wife Wears The Pants
11.Fullmetal Crickets

商品カテゴリー: 商品タグ: , , , , ,

オハイオはコロンバスを拠点にするエモ、インディロック、マスロック・バンド Palette Knife が、新作アルバム ‘Ponderosa Snake House and the Chamber Of Bullshit’ を、Take This To Heart Records からリリース。

Palette Knife のソングライティングとストーリーテリングに対するアプローチは、衝撃的な始まりかもしれません。それは目まぐるしい経験であり、倹約家とのデートやその他のケチな冒険への熱烈なオデュッセイア、自分自身やかつての自分のような人間を嘆くこと、そして絶えずゴールポストを動かす世界での理性への執拗な訴えの間でチャンネルが切り替わるものです。とりあえず、キックオフをお楽しみください。

‘Ponderosa Snake House & The Chamber Of Bullshit’ は、Palette Knife のギター/ボーカルの Alec Licata、ベースの Chris Mcgrath、ドラマーの Aaron Queenerが、20代の中西部の生活の苦悩や勝利を、アクロバティックなエネルギーで表現しています。その多くは、タッピング・ソロや轟音のパワーコードなど、Licata のギター・プレイブックに基づいていますが、このスカラシップでは、過去5年間のエモ・ロックを参考にしながら、独自のものを作り上げています。

created by Rinker
¥1,000 (2021/06/13 17:16:28時点 Amazon調べ-詳細)