Nicky Elisabeth – The Way Of Love

ARTIST :
TITLE : The Way Of Love
LABEL :
RELEASE : 9/20/2024
GENRE : , ,
LOCATION : Netherland

TRACKLISTING :
1.Shape Of Me
2.The Way Of Love
3.The Lights
4.Dreams Of Reality
5.The Game
6.Dusk
7.Last Dance
8.Shine
9.Fading
10.Dawn
11.Memories
12.Is This It?
13.Close To You

商品カテゴリー: 商品タグ: , , , , ,

オランダ出身のDJ/プロデューサー/ヴォーカリスト/ソングライターであるが、2024年9月20日にグローバル・レーベルからデビュー・アルバム『The Way of Love』をリリースすることを発表しました。このニュースは、彼女のニューシングル「The Lights」とともに発表されました。

最近のシングル “Close To You “と “The Game “に続く “The Lights “は、彼女のゴージャスなヴォーカルと、高揚感のあるキラキラしたシンセ、そしてポップなメロディーが組み合わさった曲で、4つ打ちのビートとバブリーなベースラインが印象的。アップビートなエレクトロ・ポップ・バップであるこのシングルは、Nicky自身のエンパワーメント賛歌。彼女のデビューLPのテーマである、自己受容の反映と表現、そして自分の創造的な声を手に入れる旅と連動しており、彼女自身の言葉を借りれば、「『The Lights』は私自身のエンパワーメントの賛歌。この曲は、もう怖がらないこと、そして最終的に自分自身と、自分にできることのすべてを信じ始めることを歌っているのよ」。

Nickyの最近のシングルは、『The Way Of Love』への道を切り開きました。このアルバムでは、彼女の幅広いサウンドパレットと、愛、ロマンス、認識、そして自己についての深い考察を披露しています。このデビューLPは、Nickyの創造的な旅路、野心、欲望を、至福の情感と穏やかな陶酔感に満ちたエレクトロニック・ポップを通して率直に語っています。Nickyは、ポップやダウンテンポのホームリスニング・セレクションへの深い愛情と、10年にわたり世界中でDJとして活動してきたことによるセレクションやクラブでの暗黙の知識をもとに、強力なシグネチャー・サウンドを作り上げています。

デビューを控えたNickyは、「”The Way Of Love “は、自己愛を見つけるための私自身の旅を意味しています。このアルバムを書くにあたって、私は多くの創造的で個人的な障害を経験しました。何年も前に作曲を始めたとき、自分の存在を音楽で表現することに夢中になっていたのを覚えています。自分自身を音楽的に定義するために、本物であることを必死に求めました。今、その目標を振り返ってみると、まったくばかげたことのように思えます。このアルバムは、私という人間のさまざまな色合いや形を集めたもの。

オランダ南部出身、ベルギー育ちのNicky Elisabethは、現在アムステルダムとロンドンを拠点に活動するDJ、プロデューサー、ヴォーカリスト。この2つのクラブの中心地に住んでいたNickyは、エレクトロニック・ミュージックの震源地を目の前にし、エレクトロニック・シーンにどっぷり浸かるようになりました。18歳からDJをしていた彼女が、プロダクションの道に進むのは当然のこと。研ぎ澄まされたNickyのサウンドは、プログレッシブ・ハウス、テクノ、トランスの要素をブレンドし、常にポップへの愛情を反映。彼女の音楽には、愛と感情がテーマとして流れており、彼女のプロダクションには、常に刺激的なフィーリングがあります。

セレクターとしてのNickyは、アムステルダムのDe Marktkantineでのレジデントというアンダーグラウンドなスタートから、fabric、Printworks、ADE、Awakenings、Red Rocks、DGTL、Lost Villageなどでのセットまで、世界で最も最先端のパーティーや尊敬されるステージでプレイし、クラブシーンでの地位を確立。大規模なフェスティバルのステージから、ヘッズダウンした親密なクラブ・ショーまで、Nickyのポップなメロディーと力強いヴォーカル・フックへのこだわりはDJセットで輝きを放ち、世界中に熱狂的なファンを獲得。

Nickyの完璧なダンスフロア・バンパーとしての才能と、群衆を統率する能力は、TSHA、Solomonなどのエレクトロ界の巨人たちから賞賛を浴びています。彼女の研ぎ澄まされた技術と音楽性は、Anjunadeep、Kompakt、DGTL Recordsといった尊敬すべきレーベルからのリリースにつながっています。今年、長編プロジェクトとライヴ作品のリリースを控えているNicky・エリザベスは、エレクトロニクス界で頭角を現しつつあります。