Mountain Movers – World What World

ARTIST : Mountain Movers
TITLE : World What World
LABEL : Trouble In Mind Records
RELEASE : 6/18/2021
GENRE : indierock, psychedelic
LOCATION : New Haven, Connecticut

TRACKLISTING :
1.I Wanna See The Sun
2.Final Sunset
3.Then The Moon
4.Haunted Eyes
5.Staggering With A Lantern
6.Way Back To the World
7.The Last City
8.Flock Of Swans

商品カテゴリー: 商品タグ: , , , ,

Mountain Movers は、真の”ヘッズ”にとって完璧なバンドであると言えるでしょう。ヴォーカル/ギターのDan Greene、ベースのRick Omonte、ギタリストのKryssi Battalene、ドラマーのRoss Menze の「最新」のラインナップは、脳を炒めるのに必要なものをしっかりと把握しています。それは、痛々しいほどに美しいメロディーが、白熱したギターの音と心を溶かすフィードバックという救命ボートに支えられていることです。’World What World’ は、バンドにとって8枚目のアルバムで、Trouble In Mind Records にとっては3枚目のアルバムです。

‘World What World’ は、彼らのサウンドを洗練させるための継続的な探究と努力の最新の章です。’World What World’ の曲の歌詞はすべて、探求する主人公を暗示しています。タイトル自体が、疑問符のない質問を暗示しています。オープニングの “I Wanna See The Sun” と “Final Sunset” のワンツーパンチは、何が待ち受けているのかを示している。Crazy Horse にインスパイアされた紙やすりのようなメロディーが、PSFに影響を受けた6弦の即興演奏の隣に心地よく置かれているのだ。このグループは、80年代後半以降のインディペンデント・ミュージックを飽和させてきたラウド/クワイエット/ラウドのダイナミックさを覆し、難なくテレパシーのように一緒に演奏しています。ラウドパートとクワイエットパートは波のようなもので、互いに区別がつかず、流動的なダイナミズムと激しさを生み出し、リスナーをその流れに飲み込み、忘却の彼方へと押しやってしまうのです。大げさだと思いますか?”Then The Moon” の中盤では、軽快なワルツからバッタリーンのさりげないブリスター・ソロに変わり、メランコリックな “Haunted Eyes” へとフェードインしていきます。

裏面は “Staggering With A Lantern” で幕を開けます。エレガントでゆったりとしたインストゥルメンタル・インプロビゼーションで、グループのギタリストの相乗的なシュレッディングを再び披露しています。”Way Back To The World” の粘着性のある歌詞と横向きのジャングル、”The Last City” の深夜のメロウなシンジの後、”Flock of Swans” で “World What World” の旅を締めくくります。この曲は完璧なクロージングであり、アルバムのミッション・ステートメントの集大成でもあります。騎士、ナイフ投げ、ドラゴン、マスクなど、魔法のようなリアリズムと幻想的な象徴に満ちたグリーンの曲とビジュアルイメージに登場する題材は、彼の哀愁漂う歌詞をさらに際立たせています。詩的なメッセージは、リズムセクションの異世界的な化学反応と、バッタリーンの楽器の見事なコントロールに導かれて、心から神経経路に向かって発射されます。Mountain Movers は、あまりにも長く活動しているので、評価を気にする必要はありません。彼らは、音楽が彼らに呼びかけているからこそ、音楽に身を任せているのです。