Monnone Alone – Stay Foggy

ARTIST : Monnone Alone
TITLE : Stay Foggy
LABEL : Meritorio Records
RELEASE : 9/3/2021
GENRE : indiepop
LOCATION : Melbourne, Australia

TRACKLISTING :
1.Pepper Jar
2.Feel It Disappearing
3.Bumpy Bits
4.Something Creeping
5.Andalusia
6.Time Is On The Run
7.The Silos
8.Hard Feelings
9.Painted Brick
10.Stay Foggy

商品カテゴリー: 商品タグ: , , ,

2020年にメルボルンが封鎖された際に自宅に取り残された Monnone Alone(マーク・モンノーネ)は、バンドメンバーの姿が見えない中、カセットの8トラックに問題を持ち込んで、2019年に発表されたパワーポップの力作 ‘Summer of the Mosquito’ に続く作品の制作に取り掛かるしかなかった。

元Lucksmithsのベーシストは、自宅で録音したテープを Gareth Parton(The Go! Team、Foals、Breeders)に渡して、その輝かしい混乱を人間の消費に値するものにミックスしてもらった。’Stay Foggy’ に収録されている10曲は、暗いものから気まぐれなものまで、ぼやけたものから鋭いものまで、やみくもに跳ね回っており、モンノーネの混乱した希望や夢、ロックダウンされた惰性を、その場しのぎのビーチパーティー風に表現しています。

ファジーなギター、バジェットキーボード、ボンゴ、ハンドクラップに彩られたファーストシングル “Feel it Disappearing” は、ズーム世代のための不安感を煽るバブルガムポップのシンガロングだ。

また、ポップなフックとユーモアに包まれていますが、2ndシングルの “Time is on the Run” をはじめ、アルバム全体に通じるトーキーな雰囲気が続いています。”Bumpy Bits”、”Something Creeping”、”Hard Feelings” などは特に顕著な例です。

アルバムのオープニングを飾る “Pepper Jar” は、Television Personalitiesや The Whoを経由して、The Apples in Stereoに通じるものであり、”The Silos” は、初恋の輝きと汗とフランジパニの香りに包まれた夏の夜のような、無邪気なイメージを醸し出している。一方、”Painted Brick” はファジーでトレモロなボサ・クラウト風の曲です。

アルバムのタイトルトラックのクローザーは、催眠術のようなベースラインに支えられた5分間のランブラーで、霧の中で笑い、波止場で安いジンジャーワインのグラスを持っている “embarcaderros” と呼ばれる下っ端たちが住む、ぼんやりとした夢想の世界へとリスナーを誘います。霧の中で笑い、波止場で安いジンジャーワインをチャージしている。”I made the whole thing up just because”とモンノーネは歌っているが、これはおそらくアルバム全体に対する辛辣な免責事項を意味しているのだろう。

created by Rinker
¥1,600 (2021/12/06 19:43:11時点 Amazon調べ-詳細)