Midwife – Luminol

ARTIST : Midwife
TITLE : Luminol
LABEL : The Flenser
RELEASE : 7/16/2021
GENRE : ambient, psychedelic, shoegaze
LOCATION : Denver, Colorado

TRACKLISTING :
1.God is a Cop
2.Enemy
3.2020
4.Colorado
5.Promise Ring
6.Christina’s World

商品カテゴリー: 商品タグ: , , , , ,

デンヴァーを拠点にするアーティストでアンビエント・プロジェクト Sister Grotto の活動でも知られる Madeline Johnston によるアンビエント、サイケデリック、シューゲイズ・プロジェクト Midwife が、2020年のアルバム ‘Forever’ に続き、新作アルバム ‘Luminol’ を The Flenser からリリース。現在はニューメキシコ州サンミゲルに住み、活動する Johnston は、独学で学んだギタリストであり、レコーディング・エンジニアでもある Midwife は、アンセミックでソフト・ゲイズな曲の中に、ダークな題材を探求しています。自身で「ヘブンメタル」と呼ぶ、つまり荒廃とカタルシスをテーマにした感情的な音楽です。

2020年が始まったとき、Johnston はいくつかの国内外のツアーを計画していましたが、パンデミックの影響で彼女の焦点はレコーディングに戻り、彼女の内面の風景に戻っていきました。Midwife の3枚目のフルレングスレコード ‘Luminol’ は、隔離中に書かれ、制作されました。

ルミノール (Luminol) とは、犯罪捜査官が犯罪現場に残された微量の血液を発見するために使用する化学物質です。血液と反応すると、ルミノールは化学発光性の青い光を発し、暗い部屋の中でも見ることができます。この化学物質が現場の証拠を明らかにするのと同じように、Midwife は、試練や苦難を光の源に変える、深遠な真実に興味を持っています。監禁、支配の場所、明晰さ、自傷行為、閉じ込め、代理店、真実の探求というテーマをナビゲートし、すべてが青く発光するロスコのカラーフィールドの中で噴出しています。

アルバムカバーには、水辺に立つ暗い人物が描かれています。それは、2020年の間、人類が崖っぷちに立たされていたことを象徴しています。そして、後になって、自分たちがずっとそこにいたことに気づくのです。Midwife の最もパーソナルな作品の一つである ‘Luminol’ のカバーアートワークは、Madeline Johnston の母親が1980年代に撮影された写真で、レコーディング時の Johnston と同じ年齢だった。Johnston は、その姿を再編集することで、誰もが水辺で、人生のすべての要素が取り除かれて残った形として、自分自身をそこに見ることができることを望んでいます。

アルバムのコラボレーターには、The Flenser のレーベルメイトである Dan Barrett(Have A Nice Life)、Tucker Theodore、Angel Diaz(Vyva Melinkolya)、DIIV の Zachary Cole Smith と Colin Caulfield、そして Ben Newman などがいます。