Matthew E. White – K Bay

ARTIST : Matthew E. White
TITLE : K Bay
LABEL : Domino
RELEASE : 9/10/2021
GENRE : retropop, altpop, artpop
LOCATION : Richmond, Virginia

TRACKLISTING :
1.Genuine Hesitation
2.Electric
3.Nested
4.Take Your Time (And Find That Orange To Squeeze)
5.Let’s Ball
6.Fell Like An Ax
7.Only in America / When The Curtains of the Night are Peeled Back (feat. Joseph “JoJo” Clarke)
8.Never Had It Better
9.Judy
10.Shine A Light For Me
11.Hedged In Darkness

商品カテゴリー: 商品タグ: , , , , , , ,

待望の新作ソロ・アルバム ‘K Bay‘ を Dominoよりリリース。このアルバムには、Spacebombの信頼できるハウスバンド(ベーシストの Cameron Ralston、ドラマーの Pinson Chanselle、オーケストラアレンジャーの Trey Pollard)に加え、マルチインストゥルメンタリストの Alan Parker、キーボーディストの Devonne Harrisと Daniel Clarke、そしてエンジニア/ミキサーの Adrian Olsenが参加しています。このアルバムはホワイトのプロデュースによるもので、彼が愛用するケンジントン通りのホームスタジオ(アルバム名にもなっている)’K Bay’、リッチモンドの Montrose Recording、そして彼の地元の施設である Spacebomb Studioで録音されました。’K Bay’ は、シンガーソングライター、バンドリーダー、音楽研究家であるホワイトが、自身の創造的なプロセスのあらゆる面を拡張し、コミュニティの力を最大限に活用して、自身のキャリアの中で最高のレコードを完成させた作品です。

ホワイトの6年ぶりのソロアルバム ‘K Bay’ は、彼が永遠に作りたいと願っていた驚異的なレコードです。独立性とアイデンティティを大胆に回復させた ‘K Bay’ は、ホワイトを同時代の最も想像力に富んだアーティストの一人として確立させました。この11の作品は、レトロフューチャーマジックであり、古典的でありながら現代的でもある。これは、彼のアイドルたちの教訓を体得し、それを利用して独自の素晴らしい世界を構築した音楽家の心の産物である。

10年前、マシュー・E・ホワイトは、誰も予想しなかった古典的な美しさを生み出しました。’K Bay’ では、彼がコミュニティや人生そのものから学んだことを、まったく予想外で、衝撃的で、再確認できる方法で活用し、傑作を生み出しました。