Matt Maltese – Good Morning It’s Now Tomorrow

ARTIST : Matt Maltese
TITLE : Good Morning It’s Now Tomorrow
LABEL : Nettwerk Records
RELEASE : 10/8/2021
GENRE : altpop, altfolk, ssw
LOCATION : UK

TRACKLISTING :
1. Good Morning
2. Shoe
3. Everyone Adores You (at least I do)
4. You Deserve An Oscar
5. Lobster
6. Outrun the Bear
7. 1000 Tears Deep
8. We Need to Talk
9. Mystery
10. Oldest Trick in the Book (feat. Bedouine)
11. Looking
12. Rat Race
13. Krakow

商品カテゴリー: 商品タグ: , , , ,

Matt Maltese(マット・マルチーズ)の ‘Good Morning It’s Now Tomorrow’ は、英国が1年間閉鎖されていた間に、ロンドンの自宅と南海岸のEcho Zooスタジオを行き来して作曲・録音されたもので、「この新譜の多くは逃避行です」と説明しています。「私は、人生の小さな部分にもっと意味を見出さなければなりませんでした。このアルバムでは、すべての小さな出来事の中にある劇場を称えたいと思っています。安っぽい言い方ですが、普通のことを特別なことにしようとするとき、人生は最高のものになると思うのです」

ポジティブさを受け入れ、日常をロマンチックにするという感覚は、全体に貫かれています。「特にラブソングは、後から考えてみると、私が現在から飛び出して、過去の瞬間に触れたり、明日のことを空想したりしているように感じます」とマルチーズは説明します。「私が望んでいる、愛とはこうあるべきだと考えているすべてのものです。あまりにロマンチックで、純粋で、奇妙で、少しグロくて、愚かで、普通で、不完全で、すべてが同時に存在するのです。」 私たちが毎日共有している感情の強さを捉えようとする彼の探求において、このアルバムは、これまでで最も大きな前進を意味しています。

当然のことながら、世界的なパンデミックの最中に自宅で制作したアルバムには、無力感が漂っていました。魔女狩りやハルマゲドンをテーマにしたダークな歌詞が印象的な、爽やかなポップソング “Good Morning” では、その傾向が顕著に表れています。「この曲は、すべてを前進させるゆっくりとした獣の話です」とマットは言い、アルバムがリアリズムのようなものに飛び込んだ稀な瞬間を振り返っています。「どれだけ多くの人が死んでも、どれだけ多くの悲劇があっても、社会は前に進んでいます。私はそのことを考え、日常生活の多くが無力感と折り合いをつけるためのものであることを話したかったのです。昨年は、”どうやって物事を変えればいいんだ?””文字通りの終末論になるまで、こうした権力のシステムは本当に変わらないのか?”と考える瞬間がたくさんありました。自分に何ができるかはわからないけれど、どうすればこの世界の一部としてより良い存在になれるのか、毎日考えていこう、という気持ちが少し込められています。」

「このアルバムは、多くの意味で、私が単純にすべてのものに畏敬の念を抱き、混乱しているが平和であることを表しています」とマルチーズはアルバムを総括して語っています。「絶望的だとか、わかったようなことを言いたいわけではありません、なぜならそうではないからです。人生は探し物をしているようなものだけど、それこそが重要なんだ。」

人生の多くの不快な立場にようやく慣れたマット・マルチーズは、かつて自分が持っていると思っていた答えを持っていないことを認め、そして最も重要なことには、私たちの誰もがこれからも持つことのできない答えを知ることで、平和を見出しています。