mastroKristo – Departures

ARTIST : mastroKristo
TITLE : Departures
LABEL : Lost Tribe Sound
RELEASE : 11/12/2021
GENRE : classical, ambient, experimental
LOCATION : Athens, Greece

TRACKLISTING :
1.A Ritual
2.The Drain
3.The Shepard
4.Waves
5.Gionis
6.Ocean
7.Kaleidoscope
8.Orange Cloud
9.The Breath

商品カテゴリー: 商品タグ: , , , , ,

ギリシャのプロデューサー兼作曲家、μastroKristoのデビューアルバム ‘Departures’ は何よりもまず夜想曲で、チューニングされていないピアノ、チューバ、ファゴット、テープのための地味で静かなリハーサルから作られています。これは、夜と、眠りに落ちることに失敗したり成功したりしたすべての試みへのオマージュです。

μastroKristoは、ギリシャのアテネを拠点に活動する Christos Parapagidis(クリストス・パラパギディス)という素朴なマルチメディア・アーティストであり、音楽プロデューサーです。Lost Tribe Soundは、’Departures’ を制作するにあたり、1年半に渡って定期的にアーティストとコミュニケーションを取ってきたが、レコーディングのプロセスや音楽に対するクリストスの個人的な関係については、まだ多くのことが明かされていない。これは、まさにこのような前提で作られたアルバムにふさわしいものです。幸いなことに、音楽自体がその雰囲気を明確に表現しているので、こうした余計なディテールはほとんど問題になりません。穏やかなグレーと淡いブルーの色調で、水のような、月のような感情がほとばしっている……重いまぶたを長い眠りへと誘うサイレンの歌だ。

ファゴットとチューバの咆哮が、この音楽にフィルムノワールのような特徴を与えています。ピアノの旋律から伝わってくる前進と流動性に対するクリストスの見事な理解と組み合わせることで、このペアは酔いしれるような干満を生み出します。さらに、μastroKristoは ‘Departures’ の全体を温かみのあるテープサチュレーションで覆い、サウンドに新たなニュアンスを加えています。

2020年という激動の年にポジティブなことがあるとすれば、それは私たちの人生の中で最も感情的で、闘争心を刺激し、安堵感をもたらす音楽が生まれたということだ。’Departures’ がその好例です。クリストスって、一時停止して、疲れ果てるまで存在を考えて、それから鎮静のための巧妙な解決策を練る時間がなければ、このレコードを作ることはなかったでしょう。