Jessica Ackerley – All Of the Colours Are Singing

ARTIST : Jessica Ackerley
TITLE : All Of the Colours Are Singing
LABEL :
RELEASE : 8/16/2024
GENRE : , ,
LOCATION : New York, New York

TRACKLISTING :
1.Introduction
2.Forward motion is never a straight line
3.To See Takes Time
4.All of the colours are singing
5.The dots are the connections
6.Nature Morte: Time is Fleeting
7.Conclusion: In Four Micro Parts

商品カテゴリー: 商品タグ: , , , ,

“All Of the Colours Are Singing”は、過去3年間の私の人生における流動的な状態や大きな変遷と並行する音楽です。

私のルーツであるジャズや即興音楽と、他の音楽的興味との間には常に緊張関係がありました。ニューヨークを離れてハワイで博士号を取得した後、私はジャズにもっと傾倒する自由を感じましたが、私とアルバムのミュージシャンとの地理的な距離は、さまざまな困難をもたらしました。

大海原という距離の中で、どうすれば感動的な即興音楽を一緒に創り上げることができるのか?

ニューヨークとホノルルでのリハーサルで、バンドのケミストリーを発展させる時間は限られていました。だからこそ、この音楽には集団の魔法を創り出そうという衝動が輝いているのです。ウォルター、アーロン、私のトリオはハワイのマノア・ヴァレーでレコーディングし、ストリングスのアレンジは友人のコンチェッタがニューヨークのクイーンズに戻ってリモート・トラッキングしました。音楽的にも地理的にも、それぞれの世界の間に引っ張られるような感覚を常に感じていました。

ストリングスのアレンジを始めた2023年の晩春、ホノルルで最も親しかった友人が癌と診断されました。私たちは2021年の引っ越し直後、このアルバムの準備段階で出会い、お互いに美術や絵画が好きだということで意気投合していました。編曲のプロセスを通して、私は彼女と一緒に過ごしました。それは、ストリング・トリオが以前にレコーディングしたリズム・セクションの素材をどのように形作るかに、しみじみとした影響を与えました。2024年2月、最後のアルバム・マスターを完成させた約1週間後、彼女は亡くなりました。

この音楽は、喜び、変化、不安、悲しみの中で私が歩んできた航海の記録です。そのすべてに対して、美しいダイナミックなジェスチャーと直感的に感情を揺さぶるサウンドを捉えたかったのです。