Holy Tongue meets Shackleton – The Tumbling Psychic Joy of Now

ARTIST : Holy Tongue meets
TITLE : The Tumbling Psychic Joy of Now
LABEL :
RELEASE : 8/23/2024
GENRE : ,
LOCATION : London, UK

TRACKLISTING :
1.Ancient Model
2.Blessed and Bewildered
3.The Fruit of the Fall
4.The Other Side of the Bridge
5.The Merciful Lake
6.Gravity Will Fail Us

The Tumbling Psychic Joy of Now』は、Holy Tongueと の儀式的で拡張的なコラボレーション・アルバムで、AD93から2024年8月23日にリリースされる。

Holy Tongueは、Valentina Magaletti、Al Wootton、Susumu Mukaiからなるトリオである。それぞれ優れたミュージシャンである彼らは、絶賛されたEP3部作とデビュー・アルバム『Deliverance and Spiritual Warfare』を通じて、サイケデリックでフリー・フォーム、ハイ・エネルギー、スピリチュアルなダブ・ダンス・ミュージックを創り出した。彼らのエネルギー溢れるライブ・パフォーマンスは、On-U-Soundの実験的ダブ、23 Skidoo、Liquid Liquid、ESGの熱狂的リズム、そしてフリー・ジャズのスピリチュアルなエネルギーを呼び起こす。

このトリオのダイナミックなコラボレーションは、エレクトロニック・ミュージック界で最も独創的で批評家からも称賛される声の1人であるシャクルトンとの出会いにも及んでいる。シャクルトンは、2000年代初頭のダブステップ・アンダーグラウンドの深みから、過去20年間にわたり、国際的なコラボレーションやコミッションなど、多様な活動を展開してきた。UKのカルト・レコード・レーベル、Skull Discoでヒプノティックなビートに磨きをかけた後、彼のユニークなリズム・タッチは、近年ヨーロッパのダンス・シーンから生まれた最も冒険的で進歩的なプロジェクトで聴かれるようになった。Shackleton の作品は、コンセプチュアルでスピリチュアルなテーマを、今日のヨーロッパのダンス・ミュージック界で活躍するほとんどのアーティストを凌駕する感情的な深みで探求しており、内なる空間、黙示録、恐怖といった彼のヴィジョンは、かつてないほどタイムリーなものとなっている。

このアルバムは、Holy TongueとShackleton がスウェーデンのフェスティバルのラインアップを共有したことから構想された。Holy Tongueは当初、自分たちの既存曲のリミックスをShackleton に依頼することを熱望していたが、すぐに一緒にプロジェクトを立ち上げ、新鮮な新曲に取り組むことを決め、スタジオでシャクルトンにもっとクリエイティブなことをさせることにした。こうしてHoly Tongueは未加工の素材集をスタジオで録音し、Shackletonに送った。出来上がった作品は、その総和をはるかに超えるものだった。サイケデリックで儀式的なダブ・トリップは、最大と最小、内的と外的、ミクロとマクロ、恍惚と苦悩の間を揺れ動き、今に転がるすべての精神的な喜びを感じさせる。