HIDE – Interior Terror

ARTIST : HIDE
TITLE : Interior Terror
LABEL : Dais Records
RELEASE : 5/28/2021
GENRE : industrial, noise, punk
LOCATION : Chicago, Illinois

TRACKLISTING :
1.Interior Terror
2.Nightmare
3.Price of Life
4.Daddy Issues
5.Fear
6.Choose Your Weapon
7.Spit
8.Do Not Bow Down
9.Flag
10.Laff Track
11.This Blood

商品カテゴリー: 商品タグ: , , , , , ,

Heather Gabel と Seth Sher による、シカゴを拠点にするインダストリアル、ノイズパンク・デュオ HIDE が、サード・アルバム ‘Interior Terror’ を、Dais Records からリリース。

サードアルバムとなる ‘Interior Terror’ は、従来の曲構成の概念をさらに捨て去り、分裂したリズムと熱を帯びた即興性を重視した作品です。自律とエンパワーメントというこれまでのテーマを発展させた ‘Interior Terror’ は、肉体と非物質的な身体を物理的、形而上学的な意味で取り上げ、問いかけています。内なる恐怖に目を向け、周囲の世界を反映しながら、HIDE は希望のための触媒としての破壊の力と、私たち自身の力の源泉としての先人たちの経験の集合体に訴えます。マントラのような文章を生の声で表現することで、怒り、嘲笑、疑問、宣言、断罪するような荒々しい悲痛な叫びを生み出しています。集められたフィールド・レコーディングが少ないため、より流動的なアレンジになっていますが、痛烈な緊迫感は失われていません。その結果、ミニマルで広々とした、耳障りなサウンドが生まれました。遠くから聞こえてくるノック音が催眠術のようなディルジのパルスに変わり、分解された音の破片からドローンが生まれ、体の中を曲がりくねったり、歯がゆい思いをしたりします。

“Do Not Bow Down” では、Depeche Mode のCDをスキップしているかのようなドライブ感のあるリズムと、四分音符のピアニストであり作曲家でもある Mildred Couper がサンプリングした曲のねじれたトリルをループさせ、狂ったように回転する異世界を作り出しています。”Nightmare “は、頭への繰り返すビートに合わせて、時間と空間を混同します。永続的な苦しみ、世代間のトラウマ、そして解放されることで変化する作用についての考察です。

タイトル・トラックの “Interior Terror” は、現代西洋のジェンダー・バイナリーのシステム的な強制によってもたらされたボディ・ホラーの新しいブランドであり、ディスフォリアと解離の経験に触れています。”Fear”は、「警官はどこから来るのかと」いう問いに、”Straight from God’s cunt to the death cult” という冒頭のセリフで答えており、人間が権力を手に入れても、それを使って他人を恐怖に陥れようとする哀れな試みが繰り返されていることを軽蔑しています。”Daddy Issues” では、ブロック・ターナーの父親が、息子のレイプ裁判を担当する裁判官に宛てて書いた手紙を再構成し、吐き気を催すような効果を与えています。