DZ Deathrays – Positive Rising: Part 2

ARTIST : DZ Deathrays
TITLE : Positive Rising: Part 2
LABEL : I OH YOU
RELEASE : 7/9/2021
GENRE : indiepop,punk
LOCATION : Brisbane, Australia

TRACKLISTING :
1. SKELETON KEY
2. FEAR THE ANCHOR (FEAT ECCA VANDAL)
3. ALL OR NOTHING
4. KEROSENE
5. FIRED UP
6. RIFF CITY
7. MAKE YOURSELF MAD
8. GOLDEN RETRIEVER
9. SWEPT UP
10. RUN THE RED
11. POSITIVE RISING

商品カテゴリー: 商品タグ: , , , ,

Positive Rising: DZ Deathraysは、彼らの広大なロック・サーガの最終章を執筆しています。前作よりもムードが増した ‘Positive Rising: Part 2’ では、バンド(Shane Parsons、Simon Ridley、Lachlan Ewbank)が自分たちの外に出て、新たな視点を求め、世界を上から眺めているような、終末論的なシーンの輪郭が描かれています。上空から見た世界は、必ずしも彼らが好むものではありません。

「Part 1」のレコーディングのためにロサンゼルスに移動したバンドは、2019年末にプロデューサーの Miro Mackieとともに帰国して「Part 2」をレコーディングしたため、アルバム間のトーンが変化しています。しかし、バンドが最初から最後まで演奏されることを望んでいる曲からアートワークまで、アルバムは全体の2つの部分として扱われるようにデザインされています。「この2枚のアルバムの写真を合わせると、1日の流れがわかります。陰と陽のようなもので、全領域を示しているのです。」

「パート1」のジャケットに描かれた錆びた車は、太陽の下で溶けてしまったまま放置されたものではありませんでした。「パート2」のアートワークでは、そのヘッドライトが暗闇の中に放たれ、バンドの光り輝く姿を照らし出しています。砂漠の風景には点々と火が灯り、黒い煙の跡が見えない何かが不時着したことを示している。1枚目の写真に写っているスーツを着たバンドメンバーは、ただ散歩をしているのではなく、何かから遠ざかっているのです。そしてそれは、誰もが一度は逃れようとした、受動的または情熱的な何かなのです。