Crows – Reason Enough

ARTIST :
TITLE : Reason Enough
LABEL : Records,
RELEASE : 9/27/2024
GENRE : ,
LOCATION : London, UK

TRACKLISTING :
1.Reason Enough
2.Bored
3.Is It Better?
4.Vision Of Me
5.Land Of The Rose
6.Every Day Of Every Year
7.Lie To Me
8.Living On My Knees
9.Silhouettes
10.D-Gent

商品カテゴリー: 商品タグ: , , , ,

が到着。フルタイムの仕事と両立させなければならなかったという理由もありますが、ポスト・パンク4人組の歴史的なアドレナリン全開のサウンドを新鮮な領域へと導くこの特別なプロジェクトは、彼らに与えられた自由のためでもあります。バンドのパンク・スピリットはそのままに、サウンド面ではこれまで以上に洗練され、まとまりを増しており、本質的な硬質さを損なうことなく、これまでで最も成熟したCrowsのサウンド。2022年の「Beware Believers」、2019年のデビュー作「Silver Tongues」に続く「Reason Enough」は、2024年9月27日にからリリース。

James Cox(ヴォーカル)、Steve Goddard(ギター)、Jith Amarasinghe(ベース)、Sam Lister(ドラム)の4人は、いつものリハーサル・スペースであるロンドン東部ホマートンの小さなスタジオを、Goddardいわく「奇妙な小さなスタジオ」であるグロスターシャー州ストラウドの洞窟のような壁に変更。具体的には、元カトリック教会で修道院だった場所で、バンドは地下聖堂に寝泊まり。「今回、よりリラックスしたアプローチをとったことで、いろいろなものを探求することができた」とゴダード。「これは3枚目のアルバムだから、前に進まなきゃ。これは3枚目のアルバムだから、前に進まなきゃいけないんだ “と。

何十ものアイデアを持ってロンドンに戻った彼らは、マーキュリー賞にノミネートされたプロデューサーであり、洗練されたインディー・レコードの巨匠であるアンディ・サヴァーズ(Black County、New Road、My Bloody Valentine)と共に、それらのアイデアに磨きをかけました。その結果、10曲入りの簡潔なアルバムに仕上がり、Crowsの多彩なサウンドを表現。ゴダード曰く、「パンク一辺倒ではなく」、これまでのCrowsよりもメロディアスな作品。「その結果、ローファイではなく、よりクリーンで、より均整のとれたサウンドになった」とコックス。

コックスは、個人的な面でも、重苦しいニュース・サイクルに直面した面でも、困難な1年だったことを歌詞に大きく反映させました。「歌詞とヴォーカルは、かなり不満足なものになりました。「ちょっと唸りたかったんです。前作がより怒りっぽかったとしたら、今作は間違いなく悲しみっぽい。” 実際、倦怠感、孤独感、不安感、そしてそれにもかかわらず成長したいという願望が、『Reason Enough』を貫いています。このアルバムは、実存主義、魂の探求、そしてインディ・ロックの見識の間で満足のいくバランスを保っています。これは高解像度のクロウズなんだ」。