Conclave – Conclave

ARTIST : Conclave
TITLE : Conclave
LABEL : Love Injection Records
RELEASE : 6/18/2021
GENRE : jazz, electronic, latin, house
LOCATION : Brooklyn, New York

TRACKLISTING :
1.Intro
2.Habla
3.Relax
4.Twice
5.All That I Need (feat. Sharin)
6.There’s Enough 04:49
7.Perdón
8.Rise (Interlude)
9.Rise
10.Alati Yeye Chege
11.Take Heed (Nu Sunlight)

商品カテゴリー: 商品タグ: , , , , ,

ニューヨークにジャズ、エレクトロニック、ラテン、ハウス・アンサンブル Conclave のフル・アルバム ‘Conclave’ が、Love Injection Records からリリース。

Conclave とは、言語的には、con(with)+clave(先祖代々の踊りと現代の踊りを結びつける鍵となる統一されたリズム)の合体です。Conclaveは、マルチインストゥルメンタリスト兼ボーカリストの Cesar Toribio を中心とした交代制のミュージシャンによるライブ音楽の集まりで、錬金術のような構成で、繊細さと力強さの魅惑的な並置が生き生きとしたリズムの周りに密接に織り込まれているのが特徴です。

世代やジャンルを超えて影響やインスピレーションを受けてきた Conclave のデビューアルバムは、これらの交錯する反復を喜びをもって実現したものであり、ニューヨークのブロックパーティーのように、友人や隣人、見物人を惹きつける魅力を持っています。11曲からなる ‘Conclave’ は、Theo Parrish、Osunlade、Elements of Life、Nuyorican Soul といった、研究されながらもソウルフルな自由奔放な先駆者たちの精神を呼び起こします。特に後者の2つは、Masters At Work の Louie Vega がこのプロジェクトに熱心に参加していることを考えると、適切な参考資料となるでしょう。Louieは、同じくハウス界の伝説的存在である Josh Milan とのコラボレーションで、”Perdón” 12インチに3つの素晴らしいリミックスを提供しています。さらに、 ‘Conclave’ は、Gilles Peterson、Ron Trent、Natasha Diggs、Rich Medina、Kim Lightfootなどからも支持されています。このアルバムは、ニューヨークで長年愛されている同名のマガジンのレーベルである Love Injection Records からリリースされた初のフルレングスアルバムです。

Cesar Toribio は、ドミニカ共和国にルーツを持つフロリダ州タンパで育ち、思春期には教会でドラムを叩いていました。ボストンの名門バークリー音楽院で正式なジャズを学び、イビサ島で働いた夏にパリッシュやオサンラードのサウンドに興味を持ち、過去10年近くにわたってニューヨークでミュージシャンやDJとして数え切れないほどのライブをこなしてきました。それぞれの経験が、Conclave のコンセプトを形作っています。しかし、その根底にあるのは、Cesar のアフロ・ラテンの伝統と、その伝統に内在する現代音楽の普遍性への生涯にわたる理解です。

クラーベとは、アフロカリビアンの音楽で使われる2本の木の棒を使った打楽器のことで、曲の中ですべてのものがどこにあるかを示す重要なリズムでもあります。クラーベには、ルンバ・クラーベ、ソン・クラーベ、ベンベ・クラーベなど、さまざまな種類があります。しかし、クラーベはラテン音楽だけではなく、ジャズにも非常に浸透しています。というのも、アフリカから新大陸に輸入されたコンゴの奴隷たちが、ニューオリンズのコンゴ・スクエアやD.R.で、この同じリズムを演奏していたからです。

「ニューオリンズのセカンドラインの音楽、”When the Saints Go Marching In” を聴くと、あれはクライブがベースになっています。ジェームス・ブラウンの音楽にもクラーベが使われています。最近の音楽でも、Migos が3連符を使っています。一度理解すると、どこでも見られるようになります。意図的なものもあれば、そうでないものもあります。でも、それは祖先がまだ話していて、あなたを通して伝わっていると考えたいのです」

歴史的にも自伝的にも、永遠に続くリズムと精神の連続性を認識していることが、Conclaveに浸透しています。ゆるやかな即興から生まれた “Habla” のような曲は、セザールのシンプルな歌い出しから始まり、ローズ、オルガン、パーカッションを重ねた本格的な曲へと発展していきます。同様に、ダンスフロア向けに作られたリッチなトラック「There’s Enough」、「Rise」、「Perdón」、ヨルバン・チャントに影響を受けた「Alati Yeye Chege」がクレッシェンドしていきますが、このアルバムには刺激的な驚きもあります。最新のシングルは、Little Dragon の思索的な “Twice” を巧みにリメイクしたもので、音楽的な逸脱を装っていますが、実際には、ブーム・クラップ・ビートがより広い範囲のダンス・ミュージックと共通する点を強化しています。

Cesar は、「私が探求する上で最も興味深いのは、そのスウィングと不規則性です」と繰り返します。「それは誰にでも触れるものであり、少なくともその可能性を秘めています。」 Conclaveは、コミュニティ、伝統、そして人生を祝福するものです。