Bitter Calm – Eternity In The Lake Of Fire

ARTIST :
TITLE : Eternity In The Lake Of Fire
LABEL :
RELEASE : 9/6/2024
GENRE : ,
LOCATION : Birmingham, Alabama

TRACKLISTING :
1.Nothin’
2.Sinner
3.Something Awful
4.Convenient
5.Surrender
6.Salt
7.In Cursive
8.Violet
9.Eternity

商品カテゴリー: 商品タグ: , , ,

アラバマ州バーミンガムは、アメリカで3番目に雨の多い都市。しかし、太平洋岸北西部とは異なり、バーミンガムの雨は、山の向こうから静かに流れてくる穏やかな霧ではありません。

はアラバマ州バーミンガム出身のバンド。彼らの音楽は「悲しい」と呼ぶにふさわしいものですが、彼らの人生を彩る集中豪雨のように、夕食の席での別れというよりは、雰囲気の中での別れのような、別の種類の悲しさです。深く、大きく、深く悲しい。

彼らの音楽が楽しくないというわけではありません。彼らの演奏は、完全に真摯なものへの取り組みによって必要とされる弱さを容易に誘います。シンガー/ギタリストのマイケル・ハープは、明らかに美しい曲の中で、にやにやと陰鬱な表情を浮かべ、その下にあるより不幸な感情を簡単に覆い隠してしまうほど。

ヴァイオリニストのMeg Ford、ベーシストのAlex Guin、パーカッショニストのChayse Porter(いずれもバーミンガム出身の重鎮)のサポートを得て、ハープは、よりささやくような同業者のような不快なトラウマを投げ捨てるような、よりダークで、より意地悪で、より「結果志向」なものを好まない。

言い換えれば、Bitter Calmの最新作は、旅よりも目的地がメイン。目的地とは「地獄」であり、旅とは「自己消滅」。自分自身の絶望を受け入れるというカタルシスを除いては、音楽そのものに救いはありません。その救いは、そもそも曲が書かれ、録音され、演奏されたという事実によってもたらされるのです。この果てしない下降、下降、下降の向こう側で…美しいことが起こりました。神に感謝。