battle ave. – BATTLE AVE EP

ARTIST : battle ave.
TITLE : BATTLE AVE EP
LABEL :
RELEASE : 10/8/2021
GENRE : indierock
LOCATION : Kingston, New York

TRACKLISTING :
1.my year with the wizard
2.fear of
3.kingston south cuties
4.cell
5.there can’t be love

商品カテゴリー: 商品タグ: , ,

Battle Aveの前作 ‘Year of Nod’ から6年、ハドソンバレーを拠点とするこのバンドは、父親の出産、大学院への進学、新メンバーの加入、そしてドラマーの Samantha Nissの癌宣告などを経てきました。そして今、彼らは再始動の準備をしています。2009年に Nissとギタリスト兼ボーカリストの Jesse Dohertyによって結成されたこのバンドは、アンビエント・アレンジメント、オーケストラ・エピック、そして90年代初頭の無骨なインディー・ロックへの愛で結ばれました。これまで以上に経験を積んだ彼らの新しいセルフタイトルEPは、直感的な共通言語でこれらの影響を巧みにつなぎ合わせています。これは、持続的な友情と信頼によってのみ存在することができる創造的なコラボレーションです。

‘Battle Ave EP’ は、レコーディングとアレンジのほとんどが遠隔操作で行われました。ドハーティは、「まるで『エクスクイジット・コープス』のゲームのようだ…バンドはほとんど、他の人が何をしようとしているのか知らずに、自分たちのパートをつなぎ合わせた」と表現しています。その結果、このEPの濃密なメロディックな霞が生まれました。冒頭の “My Year With The Wizard” では、ムードのある歪んだギターと突き刺すようなドラムに、明るいインディーポップのコーラスが重なり、ドハーティは友情のはかなさや人間関係の中で自分を忘れてしまうことの危険性について考えています。”Fear Of”vでは、ペダル・スティールの音が持続し、明るくワルツのようなピアノが、ドハーティの美しく無気力なボーカルのためのステージを作ります。一方、瞑想的なインストゥルメンタルの万華鏡 “Kingston South Cuties” は、休憩と口直しの役割を果たします。

EPの後半は “Cell” から始まります。この曲では、ドハーティが “I lost myself all by one” と嘆き、音楽が混沌とした状態で、空虚な世界に向かって実存的な呼びかけをしています。約8分に及ぶクロージング・トラック “There Can’t Be Love” では、ローファイなアレンジのパッチワークと、And The Kidsの Hannah Mohanによる刺激的なゲスト・ヴォーカルが組み合わされ、天空のようなインストゥルメンタル・ブランケットが形成され、痛々しいアコースティック・フィナーレへと変化します。すべてに愛があるはずがない」というドハーティのしつこい最後のリフレインは、自分の人生とそれを分かち合うすべての人を批判的に吟味することの重要性に焦点を当てた、EP全体のコーダとなっています。

‘Battle Ave EP’ は、様々なカルト的人気を博してきた作品を彷彿とさせますが、「今、ここ」に焦点を当てることで、ノスタルジックな霧を払いのけ、時代錯誤を避けることに成功しています。このEPは、継続するために必要な努力と、最も邪魔な考えにさえも優しく接するために必要な努力を静かに指摘しています。このバンドは、決意、強さ、そして不思議さを特徴とする人間の経験を喚起しています。「私たちは6年間不在でした」とドハーティは言います。「でも、それは私たちが死んだということではありません」