Absolutely Free – Aftertouch

ARTIST : Absolutely Free
TITLE : Aftertouch
LABEL : Boiled Records
RELEASE : 9/24/2021
GENRE : postrock, kraut, electronic
LOCATION : Toronto, Ontario

TRACKLISTING :
1.Epilogue (After Touch)
2.How To Paint Clouds
3.Interface
4.Remaining Light
5.Still Life
6.Are They Signs?
7.Clear Blue Sky
8.Morning Sun

Absolutely Freeは、Matt King(マット・キング)(ボーカル/マルチ・インストゥルメンタリスト)、Michael Claxton(マイケル・クラクストン)(ベース/シンセサイザー)、Moshe Fisher-Rozenberg(モシェ・フィッシャー・ローゼンバーグ)(ドラム/シンセサイザー)のコア・トリオで構成されています。Absolutely Freeは、現在は活動を停止しているエクスペリメンタル・ロックのDD/MM/YYYYから派生したバンドで、そのマルチ・リズミックな境界線を超えた存在意義は、Absolutely Freeが現在作成しているオープン・スカイラインの踏み台となりました。2014年にポラリス・ミュージック・プライズにノミネートされたデビュー・アルバム ‘Absolutely Free.’ を Arts & Crafts/Fat Possum RecordsからリリースしたAbsolutely Freeは、Alvvays、Youth Lagoon、Preoccupationsと一緒にツアーを行い、Beak>、Unknown Mortal Orchestra、U.S. Girls、Fucked Upと共演しています。

Absolutely Freeは、実験的な要素を盛り込みながらも、親しみやすいメロディーとリズムに根ざしており、アルバムの8曲を通して、アバンギャルドとポップの境界を曖昧にし続けています。音の調和と現代社会の強調された不調和との間の綱引きで、’Aftertouch’ は現在の覇権、悲しみ、搾取の物語を探求しながら、最終的には未知の「ポスト・エブリシング」な未来への好奇心を持続させます。シンセサイザーの機能の名前を参考にした ‘Aftertouch’ は、現代文化における地震のような変化を解体し、残った反響する感覚に留まります。

Absolutely Freeは、様々なマルチ・インストゥルメンタリストによるアプローチと実験的なライブパフォーマンスで知られており、「ライブで演奏できるかどうかという物理的な能力に縛られないアルバムを作りたいと思っていました。」Absolutely Freeは、アナログサウンドとデジタルサウンド、リアルなイメージと捏造されたイメージの間の限界空間で揺れ動き、触覚の喪失を喜び、反論しながら、物理的な緊張感と感情的な共鳴のバイブレーションを生み出すことができます。

プロデュースは、No Joy、Gang Gang Dance、Japanese Breakfast、そして自身のバンドLansing-Dreidenと Violensのリリースでサウンドを形成してきた Jorge Elbrechtで、’Aftertouch’ はアイデアが凝縮されていますが、的確な判断でバランスが保たれています。’Absolutely Free’ は、クラウトロック、ニューウェーブ、国際的なサイケデリックやファンクのコンピレーション、エレクトロニック・ダンス・ミュージックの初期形態など、さまざまな影響を受けながら、異質でありながら調和のとれた独自のスタイルを作り上げています。