Yumi Zouma – “In The Eyes Of Our Love”

Polyvinylからリリースされる Yumi Zoumaの4thアルバム ‘Present Tense‘ が発表されました。

「4枚目のアルバムだから、少し軸足を置いて、より過激なバージョンの曲を作りたかったんだ」とバンドの チャーリー・ライダーは言う。「他のアーティストと一緒に仕事をすることはその手助けになったし、僕らの普段の心地よさから遠く離れたところに連れていってくれたんだ」

「これらの曲の歌詞は、ある意味、予言のように感じる」とリードシンガー/キーボーディストのクリスティ・シンプソンは言う。「個人的にもバンドとしても、僕らにとっては多くの変化があったから、言葉の響きが良いから書いたものが、今では予想もしなかった方法で僕に語りかけてくるの」

ニューシングル “In The Eyes of Our Love” をシェアしたチャーリーは、「204bpmで録音された “In The Eyes Of Our Love” は、破裂するような腹の立つ曲で、これまで書いた曲の中で最も速い曲だ」と付け加えている。「Fast & The Furious: Tokyo Drift」へのオマージュとして始まったこの曲は、ニクソン政権による拷問と反乱を背景にしたラブソングに仕上がった。2つの橋がある曲や社会派志向の強い曲が好きなら、”In The Eyes Of Our Love” はあなたのための曲かもしれないね!」と語っている。

夜中に襲ってくる
獲物を狩るように
一夜を暗黒の日々へと追いやる
壁が崩れる音
嵐のようだった
生まれる前の生活が蘇る

横道にそれた
私は戻ってきた
そして、過去の一瞬一瞬に手がかりを探しました
私は何も
あなたを軌道から外すために
私は黙って黒く沈んだりしない

だから運命を私に与えないでください
もう終わったことだ
ここでは勇気が出ない
舌を結んでいる時
私は決して変わりません
血に染まりながら
炎が落ちても止まらないで
私たちの愛の瞳に

投光器で照らされ
私たちの手首を踏みつけるために
裂けた唇でVenceremosと口ずさむ
四十回以上殴られる
そして路上に捨てられる
他の欺瞞に警告するために門に表示される

横道にそれた
私は戻ってきた
しかし、私は真実のために戦ったすべての壊れたアーティファクトを通して
私は何もしていない
あなたを軌道から外すために
でもどうにもならないなら嘘だ

そして胸に鼓動を感じながら
彼らは私の手からすべてのノートを取った
しかし、私たちは言ったことを見失うことはありません
代わりに土の中から歌おう

だから運命を与えないで
もう終わったことだ
ここでは勇気が出ない
舌を縛られるとき
私は決して変わりません
(照準に座る)
血に染まりながら
(私たちを気に掛けて)
炎が落ちても止まらないで
私たちの愛の瞳の中に

とりあえずの一枚
それは3つにカットされている
溺れるような恐怖
誰も見ていないところ

だから、運命を与えないでください
(照準に座る)
それは言われ、終わった
(私たちを心に留めておく)
ここでは勇気が出ない
舌を結んでいる時
私は決して変わりません
(♪それを見せてはいけない)
血に染まりながら
(他の人の一撃で)
炎が落ちても止まらないで
私たちの愛の瞳の中に

私はずっと変わらない
血に染まりながら
炎が落ちても止まらない
私たちの愛の瞳の中に