Why Bonnie – “Galveston”

オースティンの Why Bonnieは、3枚のEPをリリースしており、最新作は Fat Possumからリリースされた2020年の ‘Voice Box’ です。バンドはデビュー・アルバムに向けて最後の仕上げを行っており、その詳細はまだ未定ですが、魅惑的なニュー・シングル “Galveston” をリリースしました。

ファジーなインディー・ロックに、シンガー/ギタリストのブレア・ハワートンの息の合ったボーカルと、テキサス州のメキシコ湾岸にある島の都市へ子供の頃に行った旅行についての切ない歌詞がミックスされています。ハワートンは “Galveston” を「幽霊と良い思い出の都 」と呼んでいます。

ガルベストン島で撮影された “Galveston” のビデオは、ハワートンとグレース・ペンドルトンが共同で監督したもので、彼女が金属探知機を持って草地のビーチを歩き回り、宝物や古い記憶を探しています。その様子は以下をご覧ください。

キャンディランドのビーチ
泳ぐには塩分が多すぎる水
ダンスホールやダイブインをすべて通り過ぎた 見た目は当時のままだが、ハリケーンの季節に桟橋を失った。

東テキサスの日の出を雲が追いかけていたのを覚えている
その顔は
小さな太った赤ん坊の顔を作っていた 最後に泣いて一日を終えた

思い出そうとするとできない 流砂のように滑っていく 思い出そうとするとできない 手の中を滑っていく

月に向かって叫んだ
あなたを呼んで
もし快適さが殺人者なら、多分私はここで死ぬだろう

煙草と古いビールと
怠け者の少年と芝生の椅子で
しかし、それはとても明確に感じる
濁った水の中を見ると
全てが終わってもここに戻ってくるだろう