Unachica – “Life In Orange”

56 views

Unachicaが ‘Summer Is Real’ で2020年にリリースしてからほぼ1年後、Roel Joosen(ロエル・ヨーセン)とその仲間たちがニューシングルを出してきました。”Life In Orange” は、2013年に軍用車両を盗み、北朝鮮から韓国に逃れた Kim-Hye Kyoのありえないストーリーを描いています。6年後、この冒険好きな若者は、最年長のダウンヒル・マウンテンバイクの世界チャンピオンになりました。少なくとも…… Unachicaの世界では。

そして今回は、モールス信号と逆に演奏される音楽のサンプルが使われています。そしてまた、このクリップは本当に自由な感じを提供しています。北朝鮮からの脱出という現実的な映像が、山の中で重力の法則に抵抗しているようなマウンテンバイカーの映像に散りばめられている。

シンガー・キーボード・ギタリストのヨーセン、ストリングスピッカーのSteven Holsbeeks(スティーブン・ホルスビクス)(Few Bits、Dead Man Ray…)、ドラマー・パーカッションのJochem Baelus(ヨハン・ベエルス)(Echo Beatty、Slumberland)の3人が目指しているのは、逃避行です。このニューシングルは、まさにそれにふさわしいものです。制作は Staf Verbeeck(Bazart, Hovverphonic…)と Yorgos Tsakiridis(The Hickey Underworld, Millionaire)の手に委ねられており、このシングルは Gazer Tapesからリリースされるアルバムの先駆けとなっています。