TWÏNS – “Peace”

70 views

TWÏNSは、ベルリン在住のアーティスト、Miro Denck(ミロ・デンク)のプロジェクトです。本日、彼が Earth Librariesから発売するアルバム ‘The Human Jazz’ からのリードトラック “Peace” を公開しました。このニューシングルと同時に、TWÏNSはB面の “Anatman” も公開しています。’The Human Jazz’ のマスタリングは Carl Saff、プロデュース+エンジニア+ミックスは Miro Denckが担当している。TWÏNSは、”Peace” について次のように述べています。

「正直言って、この曲は、別れと無常に取り組もうとすることを中心に展開するレコードの中で最も親密な曲の一つで、そのため、私が最も弱さを感じて録音した曲であることは確かです。これは自己療法以外の何物でもなく、また、現実にはできないことを歌という手段で誰かとコミュニケーションを取ろうとしたのです。そして、実際にそのコミュニケーションを先延ばしにしている。ある意味、誰かに手紙を書いて、できるだけ美しく、正直なものにしようと全力を注いだのに、結局送れなかったというようなことかもしれません。それはすでに肩の荷が下りるようなもので、聴くたびにそうして、私の嘆きや言い訳や希望をマントラのように繰り返していたのです。

この曲も他の曲と同様、録音とプロデュースをすべて自分で行いました。その意味で、この作品は私にとって、これまで一人で音楽を録音してきたのと同じように、安全な空間に引きこもり、完全に心を開くというものでした。言いたいことを言うために探していた言葉を見つけるまで、実験と試行錯誤を繰り返したが、ほとんどの場合、それは浄化のようなもので、自分の周りの世界と自分の中の世界をより近くに感じ、愛と人生をより近くに感じるような、精神的な体験だ。」

彼は、リスナーがこの曲から次のようなことを感じ取ってくれることを願っています。

「それが何であろうと、それが何であろうと。私は、人々がアートをどのように受け止めるべきかを語ることはないと信じています。それはとても主観的な経験です。どんな形であれ、彼らがつながり、生きていると感じられる何かを与えてくれることを願うよ。」

愛という概念は私たちが誤解している
しかし、もし私が本当に努力すれば、たぶん私は最後の方にそれを得るだろう
美しいポリリズムでジャミングする鼓動
もし私たちが耳を傾けることを拒否するなら、私たちは自分自身を否定する
私が平和を作ろうとするとき、私の魂はどこにありますか?
私は本当なのか、間違っているのか、それともその中間なのか
お願いだから…?
生命は川であり、私たちは上流に向かって泳ごうとする
お、私は姉を失った、私は自尊心を失った
今、私は精神的に成長しようとしているし、末端より上に手段を置く
愛とは最も美しい意味で諦めることだから
私の魂をなだめられない、ああ、私は平和を作ろうとする
何も正しくないし、何も間違っていない。その間には何かがあるだけだ。
お願いだから…?