Tonstartssbandht – “What Has Happened”

Tonstartssbandht は自分たちのビートを見つけてそれに合わせて行進することに苦労したことはありません。17枚のアルバムをリリースした Edwin White と Andy White の兄弟デュオは、無骨でサイケデリックなスタイルと見事な一貫性でジャンルを横断してきました。Tonstartssbandhtの18枚目のアルバム ‘Petunia‘ が Mexican Summerからリリースされます。

前作Tonstartssbandhtのアルバム ‘Sorcerer’ のファンは、この新曲に多くの魅力を感じることでしょう。この曲は、優しくグルーヴィーなドラムと、嵐の雲のようにふわふわと重たいボーカルの上で、ギターのラインがうねる、キラキラとしたメランコリックな構成になっています。「この曲は、ブルーになったときに家で時間旅行をすることをテーマにしています」とバンドは述べています。「故郷とは、痛みや喜び、そしてその間にあるすべてのものを見つけることができる場所です。オーランドは私たちの家です」

ミュージックビデオでは、ホワイト兄弟がフロリダの絵のように美しい風景の中を8ミリフィルムを使って歩いたり滑ったりしています。監督のCase Mahanは、「オーランドの暑い太陽の下で、2,300フィートのスーパー8を撮影しました。真昼間に現れた夜行性の鳥が、美しい午後に重いテーマを撮影する許可を与えてくれたんだ。事前に計画したわけではなく、すべてはバンドのパフォーマンスのように、時に即興的に行われたようです」