The Rills – “Skint Eastwood”

49 views

The Rillsは、Nice Swan Recordsとの契約を機に、”Skint Eastwood” で強烈なメッセージを発しています。Luke Reidが監督したビデオも公開されました。

リンカーンを拠点とする The Rillsは、シェフィールドの Arctic Monkeysからロンドンの The Libertinesまで、イギリス中から多くの影響を受けており、ストーリー性のある作品を作ることには事欠きません。ボーカルの Mitch Spencerとベースの Callum Warner-Webbの3人で構成されていた The Rillsは、ロンドンを訪れた際にドラマーの Mason Cassarと出会い、自分たちの音楽性を高めていきました。

「リンカーンのような場所では、インフラや産業がないので、音楽や普通でないことをやろうとするのは非常に難しいのです」とスペンサーは説明します。「パブでのカバーバンドのライブからKaiser Chiefsのライブまで、様々なライブが行われていました。若いバンドもいなかったので、何かを作るにはここを離れるしかないと思ったんです」

バンドの結成について、彼らは次のように語っています。「突然、爆音の壁のようなサウンドから、3つの楽器で構成され、明確なダイナミクスがあり、簡潔な感じがした。バンドの全体的な考え方が変わった」と語っています。

The Rillsのアンチヒーローは、曲に一貫したパルスを与え、その核となる想像上の人生を表現しています。「”Skint Eastwood” はリンカーンの一匹狼です」とスペンサーは説明します。「彼はBMXの盗賊で、物乞いや盗み、借金をしてまで愛情を求めて街を徘徊しています」

「郊外の生活では、”Skint Eastwood” のような人々が現れます。ポケットの中の小銭と背中に背負ったリュックサック以外に何も持たない子供たちが、助けを求めて叫ぶのと同じように、自転車で忘却の彼方に去っていくのです。ハードな外見とソフトで傷つきやすい内面を掛け合わせた古いカウボーイの決まり文句は、私たちの世代の失われた少年少女を表現するのによく使われます」


created by Rinker
¥250 (2021/11/29 00:07:11時点 Amazon調べ-詳細)