The Ophelias – “Neil Young on High” (feat. Julien Baker)

シンシナティを拠点とし、自身が「蛾の音楽」と呼ぶものを作っている The Opheliasが、2018年の ‘Almost with Crocus’ に続いて ‘Crocus‘ を携え戻ってきました。リードシングルの “Neil Young On High” は、Julien Baker(ジュリアン・ベイカー)のハーモニーをフィーチャーしています。スペンサー・ペペットの魅力的なボーカルと魅惑的なバイオリンのパートで特徴付けられた、親密でゆっくりとした展開のインディー・ロック・バラードで、ニュー・アルバムへのエキサイティングな序章です。この曲についてペペットは、

「2019年にナッシュビルで行ったライブで、ジュリアンに初めて会いました。彼女は自己紹介をしてくれたのですが(まるで私たちが彼女のことをまだ知らないかのように)、私は緊張している様子を見せないようにしました 2020年の隔離から半年ほど経った頃、私は勇気を出して、制作中のアルバムの曲に彼女がフィーチャリングしたいかどうか尋ねました。彼女はイエスと言ってくれて、私は本当に嬉しかった。彼女はテネシー州で自分のパートを録音し、私たちはバーチャルで話をしました。彼女のパートは、この曲を完全に再活性化してくれました。彼女は、軽やかさや開放感だけでなく、深みや複雑さも加えてくれたのです。彼女がそこまで気を配ってくれたことは、とても素晴らしいことです。

私は、恋愛が終わった後、その辛い瞬間を細部まで覚えていたいと思うようになりました。後になって気づいたのですが、自分が何を着ていたのか、どんな曲が流れていたのかを知らなくても、自分が深く傷ついたことはわかるのです。「高みにいる」とは、文字通り自分よりも上で、より良く、よりかっこよく、より整っている人を見ることだと思います。天使の絵のように、その人の周りに白い光の後輪があって、素人と区別されているようなイメージです。私はニール・ヤングを愛していますが、この場合、彼は人、時代、場所を表しています。」