The Forms – “All Souls Day”

ここ数ヶ月の間に、あまり評価されていなかった Aughts時代のブログ・ロック・シーンの人気者 The Formsが、10年の長い沈黙を破って戻ってきました。そのニュースは、再び Steve Albini がプロデュースした3枚目のフル・アルバムが控えているというものでした。その詳細は来年になってからですが、シングル “Southern Ocean” と “Head Underwater” は、どちらもエキサイティングでカラフルなアヴァン・ポップの炸裂で、2022年に向けて多くの期待を抱かせてくれています。

この “All Souls Day” に、クイーンズを拠点とする Alex Tween と Matt Walshのデュオが、信仰心を持った死者が天国の門をくぐることを祝う宗教上の祝日にちなんだタイトルの最新シングルで、再び期待を膨らませているのはふさわしいことだと思います。TweenとWalshは、この超自然現象のように謎めいたミステリアスな曲をベースに、バススチールパンを使い、ロックウェイの教会で録音された声の響きとともに、ロードス、タックピアノ、ハンモンドオルガンを重ねていますが、この曲には、フォームズの多球宇宙の中の別の領域からの異世界のスピリットが込められています。

この曲のミュージック・ビデオは、キャッツキル山脈で撮影されたもので、自然の神秘性とフォームズの音楽が暗い空気の中で表現されています。下記よりご覧ください…