The Districts – “Do It Over”

55 views

The Districtsがニューシングル “Do It Over” をリリースしました。この曲は、次のアルバム ‘Great American Painting‘ の第2弾として、Frank Apollonioが監督したビデオが付いています。

最近のシングル “I Want to Feel It All” では、シンコペーションの効いたギターと鍵盤が印象的でしたが、”Do It Over” ではアコースティックなサウンドで、ペンシルバニア出身のバンドらしい落ち着いた雰囲気を醸し出しています。The Districtsのシンガー、Rob Groteは、この曲は後から見たときの20/20ビジョンについての曲だと述べています。

「”Do It Over” は、賢くなって、より完全な自分のレンズを通して過去を見ることを意味しています。私たちは皆、過ちを犯してきましたが、あるものは他のものよりも私たちを悩ませます。良かれと思ってやったことが、多くの人を苦しめています。この曲は、バンドに所属し、公の場で話したり、歌ったり、書いたりすることの責任や注目を浴びる準備ができていなかった若い自分に向けられたものでもあり、単に対人関係をナビゲートするだけではありません。この曲は、自分の過ちを正し、意図を明確にして、人間関係の混乱を解きほぐし、今の自分に合った方法でやってほしいというシンプルな曲であり、シンプルな訴えです」

Apollonioのビジュアルは、バンドがワシントン州アッシュフォードのレーニア山国立公園とギフォード・ピンチョット国立森林の豊かな緑の中をトラバースしています。