The Convenience – “Fake Roses”

59 views

The ConvenienceとしていくつかのEPをリリースしてきましたが、最新のシングルは、バンドメンバーの Nick Corsonと Duncan Troastが得意とする80年代風のインディーポップのブランドを初めてきちんと紹介するもののように感じられます。

二人は、ニューオリンズのロヨラ大学でジャズと作曲を専攻していました。最終的に、彼らは地元の新進アクト Video Ageに参加することになり、グループの2019年の見事なアルバム ‘Pop Therapy’ に才能を提供しました。

それ以来、彼らは自分たちのプロジェクトに取り組むためのスペースを確保し、青春時代のお気に入りの音楽からインスピレーションを得て、プリンス、スティービー・ワンダー、NSYNC、そして現代のインディーやエレクトロニック・アウトフィットから均等に引き出して、彼らが「プラスチック・ポップ」と呼ぶサウンドを生み出しています。

Winspearからの2枚目のシングル “Fake Roses” がリリースされ、パルス状のキック、フェイザーを使ったパーカッション、そしてデジタルオーケストラのようなゆらゆらとしたシンセサウンドで構成されており、夕日のようにあなたの心を癒してくれます。

添えられたリリックビデオでは、回転する花の上に粒状の伸びやかなフォントが重ねられており、デュオが磨き上げてきた集中力のある美学を構築しています。