supernowhere – “Basement Window”

supernowhereはシアトル出身のトリオですが、それ以前はバーモント州を拠点に Gestaltという名前で活動していました。彼らは2018年に当時のセルフタイトルのデビューアルバムをリリースしましたが、その続編を期待して今年初めに Topshelf Recordsからリイシューされ、本日発表されることになりました。2ndアルバム ‘Skinless Takes A Flight‘ は3月に発売される予定で、Great Grandpaのギタリスト、Dylan Hanwrightがプロデュースを担当しています。

supernowhereは、ハンライトのバンドと音のDNAを共有しています。博識で広がりのある、複雑なロックで、満足のいくうねりを生み出しています。リード・シングルの “Basement Window” はその好例で、リード・シンガーのMeredith Davey(メレディス・デイビー)の言葉は、息もつかせぬ勢いで混沌とした結末へと向かっていきます。