Speedy Ortiz – “Cutco”

53 views

2011年、Sadie Dupuis(サディ・デュプイ)は Speedy Ortizの名で初めての曲を録音し、セルフリリースしました。このたび、バンド結成10周年を記念して、’The Death of Speedy Ortiz & Cop Kicker…Forever‘ と題した2枚組LPとして再発売されることになりました。’Cop Kicker EP’ と ‘The Death of Speedy Ortiz LP’ に収録されている曲に加えて、ボーナストラックが数曲収録されています。’The Death of Speedy Ortiz…Forever’ はリミックスとリマスターが施されており、未発表曲、デュプイが書いたライナーノーツ、当時の写真や日記なども収録されています。

Sad13というソロ名義でも活動しているデュプイは、90年代のホラー映画にインスパイアされたという “Cutco” の最新バージョンとビデオを公開しました。「”ブレア・ウィッチ・プロジェクト” を観直してみると、登場人物たちのお互いに対する扱いが、私が “Cutco” で吐露した20代前半の無頓着さの典型的な例だと感じました。そこで、Speedy Ortizのバンドメンバーであるアンディ・モルホルトとオードリー・ジー・ホワイトサイドの助けを借りて、90年代のホラー映画のオマージュを1カットずつ作ってみました」

この10周年記念プロジェクトについて、デュプイは次のように語っています。

「長年一緒に演奏したりレコーディングしたりしてきた友人やバンドメンバーと一緒に仕事をするのが好きなので、Sad13が私の自作曲の発表の場になっているのは嬉しいことです。しかし、私は2011年と2021年に心血を注いで作った22曲のソロ曲をとても誇りに思っています。そして、10年近く一緒に仕事をしてきた Carparkと一緒に、より広く聴きやすい形で再リリースすることで、彼らに敬意を表するのは正しいことだと感じています。Speedy Ortiz、10歳の誕生日おめでとう!そして、これまで見守ってくれた皆さんに感謝します。23歳の私と32歳の私は、あなたをとても愛しています」


ファイターズ、落ち着いてください。誰もいない時にドル紙幣を破りますか?半世紀は音の飢えに悩まされないと誓った。スポットを埋めて、使って、乱用して。喉に砂を詰まらせるだけで食事になる 噛み砕くことと噛まれることのバランスが取れないのか?俺の友達が俺を切り刻みたいなら、俺をフライパンに放り込んで、得られたものでディナーを作るべきだ。終わったら、糞と一緒に俺を流してくれればいい。いつもと同じで何の違いもないだろう。感染症の夏、膿と汗が目に入る。誰もが俺を避けるようになるが、それも当然のことだ。食事の時間になると、すぐそばを通り過ぎるレッサーを狩っている彼らを捕まえる。歌を歌って串刺しにするのは私?肉食獣のような歯と爪、歯茎には肉が詰まっている バランスの取れた食事をしたい、悪いことをしていないと聞きたい。ナイフを取り出して、私を切り刻んでください。油を塗って、焚き火の準備をする。終わったら、涙と汗で洗い流してくれ。友達のいない友達が消化されて、それで終わる。終わったんだよ。