RF Shannon – “Dublin, Texas”

テキサスを拠点とする RF Shannonの音楽は、ジャンルの境界線上に位置しており、彼らはしばしば分類するのが難しいバンドです。Shane Renfro(シェーン・レンフロ)の言葉を借りれば、「僕らはインディーズの世界にはカントリーすぎるし、アメリカーナの人たちにはカントリーさが足りないし、サイケデリック・シーンにはメロウすぎるし、カリフォルニアの太陽にはテキサスの雷雨が似合うんだ」。そこに彼らの魅力の一部があります…彼らはユニークなサウンドと、ルーツと場所の感覚の強いエッセンスを持ち、そこに軽い宇宙の塵が散りばめられています。

最新曲 “Dublin, Texas” では、そのルーツが大西洋を越えてアイルランドにまで及び、どんな日も明るくするのに十分な陽気なナンバーに仕上がっています(たとえビデオの中で雨が降っていたとしても)。シェーンの言葉です。

「パンデミックが起こる前にアイルランドに行く計画を立てていたので、旅行に行けなくなったときには、メロディーで私をアイルランドに連れて行ってくれるような、昔の感覚を呼び起こすような曲を作ることで、切望を和らげようとしました。

遥か昔に行けば、この曲の中である種の自分に出会うことができると思いたいのです。誰かは、私たち全員が自由になり、地球の猛烈な美しさとともに繁栄することを望んでいますが、それは人が地元で、そしてすぐに知ることができることです。最終的には、この曲はそのようなものを超えていくものです。なぜなら、私は2021年のテキサスにいますから。この曲を聴いた人が、いつでもどこでも、体を動かし、時間を忘れて揺られ、緑の芝生に裸足で足を踏み入れる喜びを口ずさみたくなるような曲にしたいのです。」

この曲にはビデオが制作され、彼は次のように話しています。

「私は、ジェフと私に「先祖代々の霊」がついていて、私たちがそれに気づくことなく、橋や墓地、十字路などの過渡的な空間をすべて探索するというアイデアを考えました。

雨は私のお気に入りの部分かもしれません。この雨は、アイルランドの霧と雨の多い季節の気候と、テキサスの春の豪雨を結びつけているように思います。それは、私が決して計画しなかった方法で、それぞれの場所を結びつけるものです。しかし、雨は降った。」