Quicksand – “Missile Command”

82 views

ニューヨークのポストハードコアバンド Quicksandが、4枚目のスタジオアルバム ‘Distant Populations‘ をEpitaph Recordsからリリースします。

‘Distant Populations’ は、ペンシルバニア州コンショホッケンの Studio 4 Recordingでレコーディングされ、Will Yip(The Menzingers, Code Orange, Defeater)がプロデュースとエンジニアリングを担当し、Josh Wilbur(Lamb of God, Megadeth, Avenged Sevenfold)がミックスを担当しました。

本日、バンドが公開する “Missile Command” は、Quicksandのリハーサル・ジャムから生まれた曲で、フロントマンの Walter Schreifels(ウォルター・シュライフェルス)は次のように振り返っています。「セルジオ(ベガ)とアラン(ケイジ)は、トレードマークともいえるグルーヴ感を持っていて、それがこの曲にはよく表れていると思います。この曲は、私たちらしい曲だと思ったのですが、まだ出来上がってなかったんだ」