Prima Queen – “Chew My Cheeks”

59 views

Nice Swan Recordsとサインをしてのデビュー作である “Chew My Cheeks” は、Prima Queenの復帰のサウンドトラックとして、甘美な音の世界を描き出しています。

この曲は Prima Queenにとって3枚目のリリースですが、グループのリーダーである Louise Macphailと Kristin McFaddenの2人が、それぞれの出身地(イギリスのブリストルとアメリカのシカゴ)の多様なクールな感覚を組み合わせて、豊かなサウンドを生み出していることがわかります。

内臓感覚を刺激するタイトルは、この曲の少し不穏な性質を示す最初のヒントであり、不安、懸念、期待を示唆しています。Prima Queenは、このエネルギーをインストゥルメンタル全体で継続しています。ほとんどの部分で、このトラックはほとんど壊れそうなほど抑制されており、ギターのそよ風、パーカッションの震え、そして痛烈なファルセットとクールなつぶやきの間を行き来するボーカルが背景にあるだけです。

「”Chew My Cheeks” は、手の届かない人への不健康な執着をテーマにした曲です」とグループは語ります。「去年、監禁されていた時に、知らない人を理想化して、逃避のために利用していたことを思い出して書いたんだ。同じ時期に『マトリックス』を一緒に見て、この映画が創り出す世界にとても刺激を受けたんだ」と語っています。

プロデュースは The Big Moonが担当し、Prima Queenは次のように続けています。「The Big Moonは私たちに大きなインスピレーションを与えてくれて、私たちは彼らをとても尊敬しているので、彼らと一緒に仕事ができたことは素晴らしいことでした。彼らは私たちの曲に対するビジョンを本当に理解してくれて、それを実現してくれたことにとても感動しました」と語っています。


created by Rinker
¥250 (2021/12/01 19:05:29時点 Amazon調べ-詳細)